三井物産、シボレーなど2011年モデル予約開始

2010.10.21 自動車ニュース

シボレー、キャデラックなど、2011年モデル5車種の予約を開始

三井物産オートモーティブは2010年10月、シボレーとキャデラック5車種の2011年モデルの予約販売を開始した。


今回発売するのは、「シボレー・トラバース」「シボレー・タホ」「シボレーHHR」「シボレー・シルバラード」「キャデラック・エスカレード」の5車種。各車両の詳細は以下のとおり。

■「シボレー・トラバース」

シボレーの3列シート8人乗りの「トラバース」。SUVとミニバンを融合してCUV(クロスオーバー・ユーティリティービークル)をうたう。
ボディサイズは、全長5210mm、全幅1990mm、全高1770mm(LS)。3.6リッターV6エンジン(285ps)を搭載する。
2011年モデルは、ボディカラーに新色「ホワイトダイアモンド」「ゴールド・ミスト・メタリック」の2色をオプション設定した。

価格は、「LS」が498万円、「LT」は598万円。

■「シボレー・タホ」

シボレーのフルサイズSUV「タホ」。ボディサイズは、全長5130mm、全幅2020mm、全高1920mm。低く幅広いフロントエアダムと丸みのあるボディラインが特徴だ。ボルテック5.3リッターV8エンジン(325ps)を搭載し、走行状態に応じて8気筒から4気筒に切り替えを行う「アクティブフューエルマネジメントシステム」を採用する。安全面では、サイドカーテンエアバッグやフロントプリテンショナーシートベルトに加え、横転防止機能付きスタビリトラックシステムなどが標準で備わる。

価格は、「LS」598万円。

■「シボレーHHR」

個性的なスタイリングが特徴のシボレーのコンパクトカー「HHR」。ボディサイズは、全長4500mm、全幅1770mm、全高1600mmとシボレーブランドの中で小さいモデルだ。

2011年モデルは、2.2リッター直4エンジンを搭載する「LT」の100台限定販売となり、価格は298万円。2シーター仕様の「PANEL」は受注生産で248万円。

■「シボレー・シルバラード」

2010年2月に日本に導入された「シボレー・シルバラード」。日本で唯一正規輸入車として購入できるフルサイズのピックアップトラックだ。
全長5.8mのボディに、3×3の6人乗りキャビンと全長2mの荷台を持つ。4.8リッターV8エンジンを搭載。2ドアながら170度開く観音開きのリアアクセスドアにより、後席への乗り降りもスムーズに行えるという。クルーズコントロールや6スピーカーオーディオシステムが標準装備される。

価格は、399万円。

■「キャデラック・エスカレード」

キャデラックの7人乗り高級SUV「エスカレード」は、全長5120mm、全幅2002mm、全高1910mmのボディに、409psを発生する6.2リッターV8エンジンを搭載する。
2011年モデルでは、ボディカラーに新色「ゴールド・ミスト・メタリック」を設定した。(受注生産)

価格は、外装色ブラックレイブンが955万円、ホワイトダイヤモンドは966万円。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)
関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場 2017.5.24 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る