三井物産、シボレーなど2011年モデル予約開始

2010.10.21 自動車ニュース

シボレー、キャデラックなど、2011年モデル5車種の予約を開始

三井物産オートモーティブは2010年10月、シボレーとキャデラック5車種の2011年モデルの予約販売を開始した。


今回発売するのは、「シボレー・トラバース」「シボレー・タホ」「シボレーHHR」「シボレー・シルバラード」「キャデラック・エスカレード」の5車種。各車両の詳細は以下のとおり。

■「シボレー・トラバース」

シボレーの3列シート8人乗りの「トラバース」。SUVとミニバンを融合してCUV(クロスオーバー・ユーティリティービークル)をうたう。
ボディサイズは、全長5210mm、全幅1990mm、全高1770mm(LS)。3.6リッターV6エンジン(285ps)を搭載する。
2011年モデルは、ボディカラーに新色「ホワイトダイアモンド」「ゴールド・ミスト・メタリック」の2色をオプション設定した。

価格は、「LS」が498万円、「LT」は598万円。

■「シボレー・タホ」

シボレーのフルサイズSUV「タホ」。ボディサイズは、全長5130mm、全幅2020mm、全高1920mm。低く幅広いフロントエアダムと丸みのあるボディラインが特徴だ。ボルテック5.3リッターV8エンジン(325ps)を搭載し、走行状態に応じて8気筒から4気筒に切り替えを行う「アクティブフューエルマネジメントシステム」を採用する。安全面では、サイドカーテンエアバッグやフロントプリテンショナーシートベルトに加え、横転防止機能付きスタビリトラックシステムなどが標準で備わる。

価格は、「LS」598万円。

■「シボレーHHR」

個性的なスタイリングが特徴のシボレーのコンパクトカー「HHR」。ボディサイズは、全長4500mm、全幅1770mm、全高1600mmとシボレーブランドの中で小さいモデルだ。

2011年モデルは、2.2リッター直4エンジンを搭載する「LT」の100台限定販売となり、価格は298万円。2シーター仕様の「PANEL」は受注生産で248万円。

■「シボレー・シルバラード」

2010年2月に日本に導入された「シボレー・シルバラード」。日本で唯一正規輸入車として購入できるフルサイズのピックアップトラックだ。
全長5.8mのボディに、3×3の6人乗りキャビンと全長2mの荷台を持つ。4.8リッターV8エンジンを搭載。2ドアながら170度開く観音開きのリアアクセスドアにより、後席への乗り降りもスムーズに行えるという。クルーズコントロールや6スピーカーオーディオシステムが標準装備される。

価格は、399万円。

■「キャデラック・エスカレード」

キャデラックの7人乗り高級SUV「エスカレード」は、全長5120mm、全幅2002mm、全高1910mmのボディに、409psを発生する6.2リッターV8エンジンを搭載する。
2011年モデルでは、ボディカラーに新色「ゴールド・ミスト・メタリック」を設定した。(受注生産)

価格は、外装色ブラックレイブンが955万円、ホワイトダイヤモンドは966万円。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・トラバース」(写真は北米仕様車)
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレー・タホ」(写真は北米仕様車
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレーHHR」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「シボレー・シルバラード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)
「キャデラック・エスカレード」(写真は北米仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トラバースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る