【スペック】全長×全幅×全高=4915×1850×1815mm/ホイールベース=3000mm/車重=1920kg/駆動方式=FF/2.5リッター直4DOHC16バルブ(170ps/5600rpm、25.0kgm/3900rpm)/価格=338万1000円(テスト車=414万7500円)

日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT) 2010.10.21 試乗記 ……414万7500円
総合評価……★★★★

新たな3代目に「キング・オブ・ミニバン」復権をかける、「日産エルグランド」。その実力を、売れ筋の2.5リッターモデルで試した。

細かい“詰め”を残すのみ

乗り込んだ瞬間、「うわっ、前が見えない!」 ミニバンは大きくなるほど運転席が高くなる。遠くはよく見えても、直下が見えない。大型トラックなどにありがちな、交差点左折時の巻き込み事故が起こるのも、この前方直下が見えないからだ。

そこで、カメラの映像を駆使して、左側方と前方をスクリーンに映し出すようになっている。確かにこれはありがたい装置ではあるが、動き出すとすぐに消えてしまう。常時モニタリングしたいもので、10km/hといわず、せめて20km/h程度までは機能してほしい。
最近は、信号で停止する際、車間距離を詰めないで冗長に前をあけて止まるクルマも多く、「後方までの流れを考えない、だらしないドライバーが増えている」などと感じていたが、その理由のひとつは、この手のクルマの前方直下の視界に不安があるからだ。この点において、「日産エルグランド」には意識こそあれど、まだ努力が足りない。

詳細は後述するが、クルマとしてのハード面は、よくできている。基本的な乗り心地は重量級らしい、フラットでどっしりと落ちついたもの。操縦安定性もサイズのわりに取りまわしに優れ、曲折部でも安定性は高い。動力性能も上々で、2トン近いボディを遅滞なく運ぶ。4気筒の2.5リッターエンジンは、CVTのおかげもあって、燃費がいい。今回のテスト距離276.5kmの総平均で、7.0km/リッターも走った。

テスト車は、11インチの大型モニターが自慢のリアエンターテイメントシステム(オプション)付き。さらに「BOSE 5.1chサラウンドサウンドシステム」でグレードアップすることもできる。
テスト車は、11インチの大型モニターが自慢のリアエンターテイメントシステム(オプション)付き。さらに「BOSE 5.1chサラウンドサウンドシステム」でグレードアップすることもできる。
 
日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
ホームへ戻る