トヨタ、「SAI」「プリウス」に特別仕様車

2010.10.19 自動車ニュース

トヨタ、「SAI」「プリウス」にLEDヘッドランプ付き特別仕様車

トヨタ自動車は2010年10月19日、ハイブリッド車の国内累計販売台数が100万台を達成した記念として、ハイブリッドカー「SAI」と「プリウス」に特別仕様車「LEDエディション」を設定した。前者を10月19日に、後者を11月1日に発売する。

■SAIは木目調加飾もポイント

「SAI S“LEDエディション”」は、ベーシックグレードの「S」をベースに、2連プロジェクター式のLEDヘッドランプを特別装備。フロント/リアバンパーとリアリップにはスポイラーを装着したうえ、フロントフォグランプも採用するなど、スタイリッシュに装われる。さらにインテリアにはステアリングホイールやドアトリムスイッチベースに木目調加飾も施され、上質な室内空間が演出される。

ボディカラーは特別色のグレーメタリックを含む、全6色を設定。価格はベース車より22万円高い360万円となる。

■プリウスはツートーンシートを採用

プリウスの特別仕様車は「G」と「S」をベースとした2台が用意される。
「G“LEDエディション”」は、ベース車にLEDヘッドランプのほか、ツートーン本革シートを採用。ステアリングスイッチやエレクトロシフトマチックなどに、専用のゴールド加飾が施され、高級感が演出される。
一方「S“LEDエディション”」は、LEDヘッドランプに加え、インテリアにアクア/ミストグレーのツートーンスエード調ファブリックシート、本革巻き4本スポークステアリングホイールなどが与えられた。

ボディカラーはいずれのモデルも、特別色2色(グレーメタリックとダークバイオレットマイカ)を含む、全4色を設定。価格は「G“LEDエディション”」がベース車31万円高の276万円、「S“LEDエディション”」は同16万円高の236万円となる。

(webCG 本諏訪)

「SAI S“LEDエディション”」
「SAI S“LEDエディション”」 拡大
「プリウス S“LEDエディション”」
「プリウス S“LEDエディション”」 拡大

関連キーワード:
プリウスSAIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】NEW 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開NEW 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る