トヨタ、「SAI」「プリウス」に特別仕様車

2010.10.19 自動車ニュース

トヨタ、「SAI」「プリウス」にLEDヘッドランプ付き特別仕様車

トヨタ自動車は2010年10月19日、ハイブリッド車の国内累計販売台数が100万台を達成した記念として、ハイブリッドカー「SAI」と「プリウス」に特別仕様車「LEDエディション」を設定した。前者を10月19日に、後者を11月1日に発売する。

■SAIは木目調加飾もポイント

「SAI S“LEDエディション”」は、ベーシックグレードの「S」をベースに、2連プロジェクター式のLEDヘッドランプを特別装備。フロント/リアバンパーとリアリップにはスポイラーを装着したうえ、フロントフォグランプも採用するなど、スタイリッシュに装われる。さらにインテリアにはステアリングホイールやドアトリムスイッチベースに木目調加飾も施され、上質な室内空間が演出される。

ボディカラーは特別色のグレーメタリックを含む、全6色を設定。価格はベース車より22万円高い360万円となる。

■プリウスはツートーンシートを採用

プリウスの特別仕様車は「G」と「S」をベースとした2台が用意される。
「G“LEDエディション”」は、ベース車にLEDヘッドランプのほか、ツートーン本革シートを採用。ステアリングスイッチやエレクトロシフトマチックなどに、専用のゴールド加飾が施され、高級感が演出される。
一方「S“LEDエディション”」は、LEDヘッドランプに加え、インテリアにアクア/ミストグレーのツートーンスエード調ファブリックシート、本革巻き4本スポークステアリングホイールなどが与えられた。

ボディカラーはいずれのモデルも、特別色2色(グレーメタリックとダークバイオレットマイカ)を含む、全4色を設定。価格は「G“LEDエディション”」がベース車31万円高の276万円、「S“LEDエディション”」は同16万円高の236万円となる。

(webCG 本諏訪)

「SAI S“LEDエディション”」
「SAI S“LEDエディション”」
「プリウス S“LEDエディション”」
「プリウス S“LEDエディション”」

関連キーワード:
プリウスSAIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」の会場から 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月14日(日本時間1月15日)、米国ミシガン州アナーバーで「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」を開催し、新型「Gクラス」を発表した。その様子を写真で紹介する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る