トヨタ、「SAI」「プリウス」に特別仕様車

2010.10.19 自動車ニュース

トヨタ、「SAI」「プリウス」にLEDヘッドランプ付き特別仕様車

トヨタ自動車は2010年10月19日、ハイブリッド車の国内累計販売台数が100万台を達成した記念として、ハイブリッドカー「SAI」と「プリウス」に特別仕様車「LEDエディション」を設定した。前者を10月19日に、後者を11月1日に発売する。

■SAIは木目調加飾もポイント

「SAI S“LEDエディション”」は、ベーシックグレードの「S」をベースに、2連プロジェクター式のLEDヘッドランプを特別装備。フロント/リアバンパーとリアリップにはスポイラーを装着したうえ、フロントフォグランプも採用するなど、スタイリッシュに装われる。さらにインテリアにはステアリングホイールやドアトリムスイッチベースに木目調加飾も施され、上質な室内空間が演出される。

ボディカラーは特別色のグレーメタリックを含む、全6色を設定。価格はベース車より22万円高い360万円となる。

■プリウスはツートーンシートを採用

プリウスの特別仕様車は「G」と「S」をベースとした2台が用意される。
「G“LEDエディション”」は、ベース車にLEDヘッドランプのほか、ツートーン本革シートを採用。ステアリングスイッチやエレクトロシフトマチックなどに、専用のゴールド加飾が施され、高級感が演出される。
一方「S“LEDエディション”」は、LEDヘッドランプに加え、インテリアにアクア/ミストグレーのツートーンスエード調ファブリックシート、本革巻き4本スポークステアリングホイールなどが与えられた。

ボディカラーはいずれのモデルも、特別色2色(グレーメタリックとダークバイオレットマイカ)を含む、全4色を設定。価格は「G“LEDエディション”」がベース車31万円高の276万円、「S“LEDエディション”」は同16万円高の236万円となる。

(webCG 本諏訪)

「SAI S“LEDエディション”」
「SAI S“LEDエディション”」
「プリウス S“LEDエディション”」
「プリウス S“LEDエディション”」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
ホームへ戻る