第412回:フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(後編) 〜ニッポンよ、これからは“脱欧入亜”たれ!

2010.10.18 エッセイ

第412回:フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(後編) 〜ニッポンよ、これからは“脱欧入亜”たれ!

なぜ? あまりに強気&前向きなドイツ!

さてと、パリサロン報告の後半は日本車というか、日本人のメンタリティに関わるお話をば。

実は2010年のパリサロンで真価を感じたのは、前回お伝えしたEV化を推し進めるフランス系メーカーだけでなく、隣国ドイツのメルセデス・ベンツもあった。同社は、大胆にも今を「自動車の二度目の発明の時代」と位置づけ、正常進化した2代目「CLS」のほかに、第2の生産電気自動車モデル「AクラスE-CELL」や、smartブランドから「car2go」なる新コンセプトと、なんと電気スクーターの「eスクーター」、電動アシストサイクルの「eバイク」まで発表!

なんでベンツが二輪? と思いきや、ディーター・ツェッチェCEOは「われわれは自動車の前に、オートバイを発明していた」とプレゼンで誇らしげに語り(実際1885年にゴットリープ・ダイムラーが製作)、その上、今年を“自動車発明125周年”と銘打って、暗に自分たちがパイオニアであることをアピール。そのプレゼン上手というか、我田引水ぶりには少々あ然とさせられたが、見習うべき超前向きな考え方であり、根拠にはそれなりにうなずけるものがあった。

ツェッチェ氏いわく、今のダイムラーグループはリーマンショックの反動もあって、販売台数が10カ月連続で伸びていることに加え、冷静に市場を分析したところ、グローバル自動車保有台数が2010年から2035年までで、ほぼ“倍増”すると予測できるという。
理由は主に中国やブラジル、インドなどBRICS関係の伸びだが、それは経済発展や人口増加だけでなく、ダイムラーが自動車を「車輪を持った資本主義」と読み解いた点にもある。単なる生活の道具ということ以上に、個人の自由を広めるために必要不可欠なアイテムでもあり、必要性はわれわれが思っているより高いのだと。つまり、発展途上国の資本主義革命にはなくてはならないものなのだ。

これは小沢的には非常にツボを突いた考えで、なるほど……と思わされると同時に、最近フォルクスワーゲングループが発表した「2018年に世界販売を1000万台に」という、超ビッグな目標をも裏付けてくれた。

何かと日本にいると斜陽にしか見えない自動車産業だが、見ようによっては盛り上がりはこれからであり、世界的には“第二の変革期”でもある。ダイムラーによると、2010年に9億万台の自動車市場は2035年には18億台!! に達するという。少々マユツバな部分もあるが、それくらい野望を持っているというのは、なんともうらやましいお話。比べて、日本メーカーやマスコミのなんと謙虚すぎることか!
よく半分残ってるコップの水に対して「まだ半分ある」と考えるか「もう半分しかない」と考えるかって問いかけがあるけど、日本人、クルマに対して少々ネガティブすぎるのではあるまいか? ますますもって世界に出ねば! と思う小沢なのであった。

ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOによるプレゼンに耳を傾けるプレス関係者。
ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOによるプレゼンに耳を傾けるプレス関係者。
新型「メルセデス・ベンツCLS」
新型「メルセデス・ベンツCLS」
1885年にダイムラーが製作した二輪車も紹介された。
1885年にダイムラーが製作した二輪車も紹介された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』