第15回:四国で見つけたエンスーたち

2010.10.18 エッセイ

第15回:四国で見つけたエンスーたち

陰の部分だけではなく、四国にはモータリゼーションの光の部分がたくさんあった。今回は、歩きながら探した四国のエンスー風景を紹介しよう。

これは珍しい、「フォルクスワーゲン1600TLのバリアント」。足摺岬近くで。
第15回:四国に残るエンスーたち
「フォルクスワーゲン・カルマンギア」。多分本物だと思うけれど、確かめたわけではない。36番青龍寺近くの高知県須崎市で。
第15回:四国に残るエンスーたち
徳島市郊外の修理工場をのぞいたら、V12の「ジャガーEタイプクーペ」を整備していた。意外と地方では、こんな修理工場が多い。
第15回:四国に残るエンスーたち

エンスーよ、地方をめざせ

「クルマ道楽を極めたいなら、地方に住むべきだ」「エンスーよ、地方をめざせ」。などと、だいぶ以前、自動車専門誌『NAVI』で提唱していたものである。

土地が高いがゆえに、昔から愛好しているクルマを大事にとっておきたくてもお金がかかる首都圏や都会よりも、地方の方がずっと古いクルマをとっておきやすい。地価は安いし、使っていない空き倉庫や納屋なんか、結構簡単に探すことができる。

ちょっと年式の古いクルマを首都圏の渋滞の中で走らせても、面白いことは何もない。エアコンなどないから夏は暑いし、エンジンはオーバーヒートする。ともかく都会に住んでいると、純粋に趣味としてクルマを愛するのは、かなりの忍耐と努力、そして費用を代償として払わなくてはならない。

それに比べるなら、地方はずっといい。特に大きな都市圏から離れた山間部や農村地帯なんか、ちょっとエンスー風なクルマに似合っている。交通量はどこもそんなに多くないし、あまりバリバリ飛ばすクルマもなく、みんなのんびり走っている。あまり機械をいじめないで、のんびり心地よく走れる道はたくさんある。

自然に恵まれ、きれいな空気に包まれた中で、長い年月愛しているクルマを気持ちよく流すには、やはり地方はいいのだ。

愛媛県西条市で見た奇妙なクルマ。どうやら軽乗用車「オートザムAZ-1」のカスタマイズモデルのようだ。
第15回:四国に残るエンスーたち

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。