第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)

2010.10.16 エッセイ

第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!?大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)

ポルト・ド・ベルサイユ駅にて。階段の模様は?
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)
ジープのフロントです。
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)
「デ・トマゾ半世紀」の記念スタンド。
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)

駅から始まっていた

(前編からのつづき)
2010年パリモーターショー(パリサロン)の主催者が、あるウェブサイトの調査として紹介するところによれば、現在フランス国内を走る自動車のうち、購入1年未満のクルマはわずか7%という。いかにユーザーの財布のヒモを緩めさせるかに、各メーカーは知恵を絞らなければならない。

さて、流浪のコラムニスト大矢アキオは、今回もパリ式スイカ「ナビゴー」を駆使してバス・地下鉄を乗り継ぎ、会場の最寄り駅であるポルト・ド・ベルサイユに降り立った。

階段を見て、思わず「おぬし、なかなかやるのう」と独り言をつぶやいてしまった。近くで見るとなんだかわからないが、遠くから見るとジープの顔になっているのだ。思えば2年前も、同じクライスラーが「一見旅行ツアーや香水の広告にみえるが、よく読むとダッジの宣伝」という広告で、この駅をまるごとジャックしていた。今回はそれに続くものだ。気の早いボクなどは、2年後はどんな手で迎えてくれるのか、今から期待してしまうではないか。

報道のとおり、今回もニューモデルが百花繚乱(りょうらん)となったが、その傍らにもよく観察すると興味深いディスプレイが数々あった。
まずは「デ・トマゾ半世紀(1959年創業だから正確には51年)」のスタンドである。展示はフランスのクラブメンバー所有による1976年グループ4仕様「パンテーラ」とデ・トマゾ最後のクルマとなった「グアラ」のみ。したがって、悲しいかな一般公開日も立ち止まって観賞する人はほとんど見られなかった。
だが実はこれ、2011年3月のジュネーブモーターショーで、デ・トマゾが復活する「のろし」である。現在、デ・トマゾの商標を所有しているのは、トリノの実業家ジャンマリオ・ロシニョーロ氏だ。彼は経営危機にあったピニンファリーナから工場を買収していることもあり、今後この名門ブランドをどのように育ててゆくのか、展開が注目される。

カーフェイス社による「スマート・モナコ」。
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)
近づくと、ステッチも入った革張りであることがわかる。
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)
価格はベース車両1万5500ユーロ+改造費2万2600ユーロで、3万8100ユーロ(約435万円/税込み)。
第164回:危機一髪! 軍警察官が大矢アキオを包囲!? 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(後編)

総革張りボディのクルマを展示するブースもあった。同様の試みは、近年他のフランスのカロスリでも行われているが、今回は「カーフェイス」という企業の「スマート・フォーツー」をベースにしたものだ。

こうしたクルマは、ご想像のとおり手洗いが原則で、同様にガレージ収納も必須だ。ただし、革張り部分について、カーフェイス社は「8年保証」という自信をみせる。秘密は、その技術の源だ。自動車以上に雨風にさらされるモーターヨットの革張り技術が応用されているのだという。なるほど、モンテカルロでビキニ美女が寝そべっているような豪華ヨット上に据えつけられている革張りソファの、あの手法か。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。