アバルト695トリブート フェラーリ、導入決定

2010.10.15 自動車ニュース
伊フィアットオート・アバルト事業本部のアントニーノ・ラバーテ事業本部長。
「アバルト695トリビュート・フェラーリ」の受注11月開始

「アバルト695トリブート フェラーリ」の受注11月開始

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「アバルト500」の新しい高性能仕様「アバルト695トリブート フェラーリ」の予約を11月から受け付ける予定だ。伊フィアットオート・アバルト事業本部のアントニーノ・ラバーテ事業本部長が2010年10月15日、都内で開催された新車発表会で明らかにした。日本仕様の内容や価格等の詳細は未定だが、数週間以内に明らかにされるとのこと。

「アバルト695トリブート フェラーリ」
「アバルト695トリブート フェラーリ」

アバルト695トリブート フェラーリ、導入決定の画像

アバルト695トリブート フェラーリ、導入決定の画像

「アバルト695トリブート フェラーリ」は2009年9月のフランクフルトショーで発表された。アバルトが同じイタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリに"敬意を表した"仕様で、1.4リッター直4ターボエンジンは、アバルト500シリーズで最も強力な180ps以上を発生。0-100km/h:7秒以下、最高速225km/hという動力性能を誇る。

 また、カーボン製のドアミラー、フェラーリを思わせるアルミホイール、3000rpm以上で音色が変わる"レコルド・モンツァ"デュアルエクゾーストシステム、"スクーデリアレッド"のボディカラーなど、フェラーリ的なディテールを持つのが特徴。価格は未発表だが、日本と同じ右ハンドル国のイギリスでは2万9600ポンド(3万5500ユーロ)とされる。すでに全世界で、750台のオーダーが集まっているという。

 新生アバルトのプロジェクトがスタートしたのは2007年。ラバーテ事業本部長は「約3年間の世界累計で2万2000台のロードモデルと5000個のチューニングキットが売れた。同プロジェクトは順調に推移している」と語った。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る