ステップワゴンに2種類の特別仕様車

2010.10.14 自動車ニュース

「ホンダ・ステップワゴン」シリーズに2種類の特別仕様車

本田技研工業は、「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」のそれぞれに特別仕様車を設定し、2010年10月14日に発売した。

「ステップワゴン」の特別仕様車は、「ステップワゴン G HIDエディション」。両側パワースライドドアや運転席ハイトアジャスターなどがセットになった「G・Lパッケージ」をベースに、ディスチャージヘッドランプ、後席乗降時に足もとを照らすスライドドア・カーテシランプが与えられ、キーレスエントリーリモコンも1つ追加される。

価格はベース車より4万1000円アップして、FF車が229万8000円、4WD車が256万8000円。

同時に「ステップワゴン スパーダ」にも特別仕様車「クール スピリット」が用意される。こちらは「Zタイプ」をベースにHDDインターナビシステム+マルチビューカメラシステム、メッキタイプのアウタードアハンドル、シルバー塗装のインナードアハンドル(フロントドア)を採用し、内外装の質感を高めたというモデルだ。

価格はベース車より41万2000円高くなり、FF車が303万円、4WD車が328万円。

(webCG ワタナベ)

「ホンダ・ステップワゴン G HIDエディション」
「ホンダ・ステップワゴン G HIDエディション」
スライドドア・カーテシランプ
スライドドア・カーテシランプ
「ホンダ・ステップワゴン スパーダ Z クール スピリット」
「ホンダ・ステップワゴン スパーダ Z クール スピリット」
メッキタイプ・アウタードアハンドル
メッキタイプ・アウタードアハンドル

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る