無限、ホンダ・フィット用パーツを新発売

2010.10.13 自動車ニュース

無限、「ホンダ・フィット」用パーツを新発売

無限(M-TEC)は、2010年10月8日にマイナーチェンジされた「ホンダ・フィット」シリーズ用のカスタマイズパーツを、順次リリースすると発表した。

2代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ、各グレードとも内外装が変更され、新たにハイブリッドバージョン「フィットハイブリッド」が追加されたのを受け、ホンダ車のチューニングを手がける無限からも、各種カスタマイズパーツが発売された。

車体を囲むスポイラー類などエアロパーツは、スポーティグレードの「RS」用とそれ以外のグレードで異なるデザインのものが開発され、さらに「フィットハイブリッド」にはロゴが点灯するハイブリッドイルミネーショングリルが用意されるなど、それぞれグレードの個性を意識した仕上がりになっている。

定番の「スポーツサイレンサー」も、グレード別の専用品となっており、サイレンサーエンドの形状が、「フィットハイブリッド」用はトライオーバル、それ以外では円形となるなど、外観上の差別化も図られる。
「スポーツサスペンション」についても、「13G」や「15X」用はストリートでの乗り心地を意識した仕様なのに対し、「RS」はより大径のピストンが採用されるなど、それぞれ独自のセッティングが施されている。

そのほか、アルミホイールやフロアマットなど、80点以上のパーツがラインナップ。多くは2010年10月8日の発売となるが、「ウイングスポイラー」を除くエアロパーツは2010年12月3日に、「スポーツサスペンション」は2011年の春先にリリースされる予定だ。

さらに詳しい情報は、無限のオフィシャルサイトにて。

(webCG 関)

無限のパーツを装備した「ホンダ・フィット RS」
無限のパーツを装備した「ホンダ・フィット RS」 拡大
こちらは、「フィットハイブリッド」の無限バージョン。
こちらは、「フィットハイブリッド」の無限バージョン。 拡大
「スポーツサスペンション」。各グレードとも、装着後は車高が20〜25mm下がる。
「スポーツサスペンション」。各グレードとも、装着後は車高が20〜25mm下がる。 拡大

関連キーワード:
フィットホンダカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る