第411回:フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(前編) 〜もしやほとんど“パリ電気祭り”?

2010.10.13 エッセイ

第411回:フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(前編) 〜もしやほとんど“パリ電気祭り”?

国をあげてのEV化!

みなさまごぶさた〜。久々“勢いまかせ”ですが、今回の舞台は話題のパリース! といってもヒルトンじゃない方のそう、「モンディアル・ド・ロトモビル」こと通称「パリサロン」なんですね〜ボンジュール!
パリはフランスメーカーのおひざ元というだけでなく、みんなのあこがれ。これは意外なほど日本も欧米も変わりなく、かのダイムラーAGのCEO、ディーター・ツェッチェさんまでプレゼンで「世界で最も美しい街、パリ……」と言っていたのが印象的。ホント、来れば誰でも凱旋門で記念撮影!って感じですか(笑)。

さて、パリで見えてきたクルマ未来予想図は? と言いますと、目に付いたのはEV、つまり電気自動車ばかり。急進派ともいえるフランス系ブースから入って、最初に世界初の量産EVである「三菱i-MiEV」のプジョー版である「イオン」や、同シトロエン版「C-ZERO」を見ちゃったせいもあるけどね。でも、ほかにもスポーツEVの「シトロエン・サーボルト」や、お隣のルノーブースはこれまたEV急進派最右翼、グループの日産の勢いそのままに、「カングー エクスプレスZ.E.」に加え、新しいEVスーパーカー「デジール」やコンパクトEV「ゾエ プレビュー」を発表。日産も次期型「キューブ」のデザインスタディともいわれる「ツインポッド」などを公開した。
もちろんコンセプトカーがほとんどだが、前後2人乗りEVの「ルノー・トゥイジー」は、2011年発売の市販バージョンともアナウンスされ、まさに“パリ電気祭り”の様相を呈してきている。
というか、2010年末には年5万台生産を豪語する「日産リーフ」も、ついに発売されるわけで、絵に描いたモチがいよいよ“食べられるモチ”になってきたようなんですな。

「プジョー・イオン」
第411回:もしやほとんど“パリ電気祭り”?フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(前編)

第411回:もしやほとんど“パリ電気祭り”?フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(前編)
「ルノー・トゥイジー」。車名は、60年代の超スレンダーモデル、ツイッギーさんへのオマージュ的ネーミングであることは明らか。
第411回:もしやほとんど“パリ電気祭り”?フランスでちょっと見えた第二次自動車革命!!(前編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』