【スペック】全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)(プロトタイプ)

レクサスCT200h プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】

期待の新星 2010.10.13 試乗記 レクサスCT200h プロトタイプ(FF/CVT)

2011年初頭の発売がうわさされる、レクサスの新型ハイブリッド・ハッチバック「CT200h」。ベースとなった「プリウス」との違いは、スポーティさの見せ方にあった。

レクサス初の5ドアハッチバック

去る2010年9月末から開催されたパリサロンに出品され、熱く注目された「レクサスCT200h」。そのうち日本でも発売されるだろうが、かなり興味深い新作だ。これまで「トヨタじゃありません、レクサスなんです」と別格感をうたってきたブランドにとって、ヨーロッパの主流であるCセグメントに参入するのは初めてのこと。それにふさわしく全長4.3m級のコンパクトな5ドアハッチバックと、カジュアルな雰囲気を満載している点も新鮮だ。

ずばり狙いは20〜40歳代のシングルかカップルで、これまでレクサスを愛用してきた層より、かなり若返ることになる(特に日本では)。こういうクルマが待っていてくれれば、格調あふれるショールームの敷居が少し低くなるかもしれない。

そんなCT200hに乗ってみた。まだ試作車の段階だというが、ざっと見たところ、すぐ明日にでも発売できそうな仕上がり。それもそのはず、「h」といえばもちろんハイブリッドを意味する記号で、すでに活躍している「レクサスHS250h」から主なメカニズムを譲り受けている。さらにプラットフォームの源流をたどれば「オーリス」「ブレイド」にまで行き着くから、世界の道路で鍛えたデータが余さず取り入れられている。そのうえでレクサスの特徴を盛り込んだボディは、大きく側面まで回り込んだリアウィンドウなど、これまでにない存在感も強調できている。

写真は、スポーティグレードの「F SPORT」。エクステリアパーツや足まわりを中心とするチューンが施されている。
レクサスCT200h プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】
ドライバーを取り囲むレイアウトにより、スポーティさが演出されたコクピット。写真は「F SPORT」。
レクサスCT200h プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】
リアビューは、サイドまで回り込んだリアウィンドウが特徴的。(「F SPORT」)
レクサスCT200h プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 「レクサスCT200h」にクールなルックスの特別仕様車 2016.8.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスのハッチバックモデル「CT200h」にクールなスタイリングをセリングポイントとする特別仕様車“Cool Touring Style”を設定。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る