トヨタ・マークXに黒いシートの特別仕様車

2010.10.12 自動車ニュース

「トヨタ・マークX」に黒いシートの特別仕様車

トヨタ自動車は2010年10月12日、「マークX」に特別仕様車「ブラックリミテッド」を設定。同日発売した。

ベースとなるのは2.5リッターV6エンジン搭載の「250G」「250G Four」。助手席パワーシートなどが用意される「リラックスセレクション」の装備内容に加え、通常の「リラックスセレクション」では選べない、ブラックのファブリックシートを採用した。本革巻き&木目調4本スポークステアリングホイールとシフトノブも備わり、上質感のある室内空間を演出したという。
さらに、マイナスイオンを発生するプラズマクラスターとフロントフォグランプも特別装備される。

ボディカラーは特別色のダークブルーマイカを含む全7色を用意。価格はベース車より7万5750円高い、「250G“リラックスセレクション・ブラックリミテッド”」が275万円、「250G Four“ブラックリミテッド”」が298万1000円に設定された。

(webCG 本諏訪)

「マークX 250G“リラックスセレクション・ブラックリミテッド”」
「マークX 250G“リラックスセレクション・ブラックリミテッド”」 拡大

関連キーワード:
マークXトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • ハイブリッドの新型「トヨタ・センチュリー」発売 2018.6.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月22日、フルモデルチェンジした高級サルーン「センチュリー」の販売を開始した。3世代目となる新型は、5リッターV8エンジンをベースとするハイブリッドシステムを搭載する。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
ホームへ戻る