【スペック】全長×全幅×全高=5575×1926×1521mm/ホイールベース=3266mm/車重=2585kg/駆動方式=FR/6.75リッターV8OHV16バルブターボ(512ps/4200rpm、104.0kgm/1750rpm)/価格=3380万円(テスト車=3814万8800円)

ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【試乗記】

週末にはハンドルを握って 2010.10.12 試乗記 ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)
……3814万8800円

高級自動車メーカー ベントレーが満を持して送り出す、新たな頂点モデル「ミュルザンヌ」。その仕上がり具合を、小林彰太郎が試した。

512psに8AT

ベントレーの新しいフラッグシップ「ミュルザンヌ」のプレス試乗会に向かっている。後席には小林彰太郎『CG』名誉編集長。自動車専門誌『カーグラフィック』(当時)創刊時の編集長である。
「ちょっと資料を見せてもらえませんか」とリアシートからの声。新しいベントレーのスペックを子細にチェックする。「全長5575mm、全幅1926mm。大きいなぁ」と小林氏。

「ベントレー・ミュルザンヌ」は、いわば「アルナージ」のストレッチバージョンである。もともと3mを超えていたホイールベースはさらに延ばされ3266mmに。その上に全長×全幅×全高=5575×1926(ミラー閉)×1521mmの堂々たる4ドアボディが載る。車両重量は2585kg。
もちろん、「アルナージ」の単なるリフレッシュモデルではなく、エンジン、足まわりはじめ、メカニカルな面の刷新が図られ、内外ともデザインが一新された。
「コンチネンタル」系の4ドアモデル「フライングスパー」より保守的で、スノッブで、“時代がかっている"と感じる人がいるかもしれない。しかしベントレーは、「ブランドのエッセンスを凝縮した、完璧なまでに現代的なフラッグシップカー」であると主張する。

エンジンは、6.75リッター・ツインターボ。フォルクスワーゲン由来のW型12気筒ではなく、由緒正しい(!?)V8OHVを積む。2つのタービンの力を借りて、最高出力512ps/4200rpm、最大トルク104.0kgm/1750rpmという、体躯(たいく)に負けないアウトプットを発生する。
V型8気筒というフォーマットこそこれまでと同一ながら、ピストン、コネクティングロッド、さらには鍛造クランクシャフトにいたるまで軽量化が図られ、エンジン単体で23kgの軽量化を果たした。ヘッドメカニズムには可変カムシステムが付き、運転状況を判断して4気筒を休止するシステムまでが加わった。

組み合わされるトランスミッションは、2005年にはGM製4段ATだったものが、2006年にはZF製6段、そして「ミュルザンヌ」ではやはりZF製の8段ATに進化した。「これだけのトルクがあれば4段ATで十分だろうに」と後席の人がまことに正しい意見を述べるが、しかしいまの時代、ベントレーといえども、動力系の細かい制御で燃費を稼ぎ、CO2の排出量を減らさなければならないのだろう。「ミュルザンヌ」のCO2排出量と燃費は、従来比15%向上したという。


ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【試乗記】の画像
伝統的なOHV方式ながら、可変カム位相や可変シリンダーといった最新のメカニズムも併せ持つ、V8エンジン。クルージング時は8気筒の半分を休止、V4エンジンとして稼動することで燃費を向上させる。
伝統的なOHV方式ながら、可変カム位相や可変シリンダーといった最新のメカニズムも併せ持つ、V8エンジン。クルージング時は8気筒の半分を休止、V4エンジンとして稼動することで燃費を向上させる。
長大なボンネット、なだらかに落ちるリア周りと、ベントレーの伝統的デザインが反映される「ミュルザンヌ」。ホイールサイズは標準で20インチ。オプションで21インチも用意される。
長大なボンネット、なだらかに落ちるリア周りと、ベントレーの伝統的デザインが反映される「ミュルザンヌ」。ホイールサイズは標準で20インチ。オプションで21インチも用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミュルザンヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”の実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る