【スペック】レンジローバーヴォーグ 5.0 V8:全長×全幅×全高=4972×1955×1880mm/ホイールベース=2880mm/車重=2540kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(375ps/6500rpm、52.0kgm/3500rpm)/価格=1329万円

ランドローバー オフロード試乗会【試乗記】

岩場も泥もお手のもの 2010.10.11 試乗記 ランドローバー オフロード試乗会
「レンジローバー」から「フリーランダー2」まで、ランドローバー全モデルにオフロードコースで乗れる試乗会が開催された。ランドローバー・ファミリーがそこで示した実力は?

なんとももったいない話だ

仮に「レンジローバー」を所有しているとする。本格的なクロスカントリー・コースを走り、このクルマのたぐいまれなるオフロードの走破性能を堪能できるチャンスはどれくらいあるのだろう? それはおそらくフェラーリを所有している人がサーキットに走りに行く機会より少ないのではないか?

プロユースのツールが、都市部ではイメージのみ高級嗜好(しこう)品として消費されるのはよくあることだ。ぜいたくといえばそのとおりかもしれない。しかし、それが健全な楽しみ方かどうかあらためて考えてみると、やっぱりちょっと疑問が残る。高い能力を使わないでいるなんて、なんとももったいない話である。

クロカン四駆がSUVを経てクロスオーバー車と呼ばれるようになり、オフロードの走破性がどんどん合理化されていく中で、ランドローバーというのはとても骨っぽいスタンスを保ち続けている会社である。同社の製品である以上、4WDであるのは当然で、たとえ街乗りセレブカーとして人気があろうとも、悪路の走破性能に妥協はしないと主張しているのだ(もっとも最近、「フリーランダー2」の現地モデルと新型「イヴォーク」にFWDモデルを設定する発表を行ったが)。
そして「フリーランダー2」にすら、ランドローバー車の基本性能をフルに引き出す上で欠かせない統合制御システム「テレイン・レスポンス」を標準で装着している。今回はそれを存分に試せる希有(けう)なチャンスである。

まずはファミリーの頂点に君臨する「レンジローバーヴォーグ」で、デコボコのモーグル路に入ってみることしよう。

 
ランドローバー オフロード試乗会【試乗記】の画像
【スペック】フリーランダー2 3.2 i6 HSE:全長×全幅×全高=4515×1910×1765mm/ホイールベース=2660mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(232ps/6300rpm、32.3kgm/3200rpm)/価格=583万円
【スペック】フリーランダー2 3.2 i6 HSE:全長×全幅×全高=4515×1910×1765mm/ホイールベース=2660mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(232ps/6300rpm、32.3kgm/3200rpm)/価格=583万円
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
ホームへ戻る