ボルボブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.11 自動車ニュース

【パリサロン2010】ボルボ、2011年にEV、2012年にPHVを市場投入

中国の自動車メーカー・ジーリー(吉利)の傘下に入ったボルボ。「V60」を一般公開すると同時に、早くもその「Rデザイン」オプション装着車を披露して、スタンドをにぎやかに演出した。また「C30」ベースの電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の市場導入計画を発表するなど、将来に対する展望も明らかにした。

■早くも「Rデザイン」仕様が登場

ジーリーが米フォードからボルボ全株式の買収を終えたのは2010年8月のこと。続いてボルボは新社長にフォルクスワーゲンで要職を歴任したシュテファン・ヤコビー氏を迎え、ちょうどいま新体制を整えたばかりのところだ。

パリ・モーターショーのプレスデイではそのヤコビー氏が壇上に上がり、社長みずから「V60」を紹介した。また「C30」がベースのEV「C30 DRIVe Electric」が2011年に生産開始予定であること、そしてPHVを2012年に投入予定であることもあわせて発表した。

ボルボ・スタンドの主役「V60」は、過去のどのボルボよりもダイナミックなフォルムを持つワゴンで、この夏にスウェーデンで生産が始まったばかり。今回は早くも「Rデザイン」仕様車も公開された。

この仕様ではグリルがピアノブラック仕上げになるほか、テールのエグゾーストパイプが2本に、アルミホイールが5スポークの18インチサイズになるなど、外観がよりスポーティさを強調したものとなっている。インテリアも同様で、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが「Rデザイン」専用品となる。

今回は鮮やかなパッションレッドに塗られた車両が展示されたが、このほか7色が用意される。ヨーロッパでは今年の秋に発売される予定だ。

(文と写真=webCG 竹下)

「V60」は今回のパリ・モーターショーが一般初公開。さらに早くも「Rデザイン」仕様が発表された。
「V60」は今回のパリ・モーターショーが一般初公開。さらに早くも「Rデザイン」仕様が発表された。
これはひと足先にデビューしたセダン「S60」の「Rデザイン」仕様。
これはひと足先にデビューしたセダン「S60」の「Rデザイン」仕様。
「Rデザイン」では、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが専用品となる。
「Rデザイン」では、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが専用品となる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗速報】 2009.2.20 試乗記 ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/299.0万円

    ボルボのコンパクトな3モデルに、新たなエンジンとトランスミッションを得た「2.0e パワーシフト」が登場。300万円を切るエントリーグレードの実力や、いかに?
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)/T5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2010.2.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)/T5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……327万5000円/389万円

    ボルボの個性派クーペ「C30」がフェイスリフト。“安い”のと“凄い”の、2つのグレードを乗り比べてみた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)【試乗記】 2010.4.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)
    ……353万7000円

    シャープな顔立ちに生まれ変わったボルボのコンパクトカー「C30」。ベーシックグレードで、その走りを検証する。
ホームへ戻る