ボルボブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.11 自動車ニュース

【パリサロン2010】ボルボ、2011年にEV、2012年にPHVを市場投入

中国の自動車メーカー・ジーリー(吉利)の傘下に入ったボルボ。「V60」を一般公開すると同時に、早くもその「Rデザイン」オプション装着車を披露して、スタンドをにぎやかに演出した。また「C30」ベースの電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の市場導入計画を発表するなど、将来に対する展望も明らかにした。

■早くも「Rデザイン」仕様が登場

ジーリーが米フォードからボルボ全株式の買収を終えたのは2010年8月のこと。続いてボルボは新社長にフォルクスワーゲンで要職を歴任したシュテファン・ヤコビー氏を迎え、ちょうどいま新体制を整えたばかりのところだ。

パリ・モーターショーのプレスデイではそのヤコビー氏が壇上に上がり、社長みずから「V60」を紹介した。また「C30」がベースのEV「C30 DRIVe Electric」が2011年に生産開始予定であること、そしてPHVを2012年に投入予定であることもあわせて発表した。

ボルボ・スタンドの主役「V60」は、過去のどのボルボよりもダイナミックなフォルムを持つワゴンで、この夏にスウェーデンで生産が始まったばかり。今回は早くも「Rデザイン」仕様車も公開された。

この仕様ではグリルがピアノブラック仕上げになるほか、テールのエグゾーストパイプが2本に、アルミホイールが5スポークの18インチサイズになるなど、外観がよりスポーティさを強調したものとなっている。インテリアも同様で、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが「Rデザイン」専用品となる。

今回は鮮やかなパッションレッドに塗られた車両が展示されたが、このほか7色が用意される。ヨーロッパでは今年の秋に発売される予定だ。

(文と写真=webCG 竹下)

「V60」は今回のパリ・モーターショーが一般初公開。さらに早くも「Rデザイン」仕様が発表された。
「V60」は今回のパリ・モーターショーが一般初公開。さらに早くも「Rデザイン」仕様が発表された。
これはひと足先にデビューしたセダン「S60」の「Rデザイン」仕様。
これはひと足先にデビューしたセダン「S60」の「Rデザイン」仕様。
「Rデザイン」では、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが専用品となる。
「Rデザイン」では、シート、ステアリング、シフトセレクターなどが専用品となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る