第14回:標識一つにも、心を込めよう

2010.10.11 エッセイ

第14回:標識一つにも、心を込めよう

最悪の道路案内標識

私は40年にわたって、日本の道路案内標識について苦言を呈してきた。特にドライバーにとって、あまりにも不親切なのである。

まずこの写真を見ていただきたい(左写真1枚目)。これは地方から東名高速で東京(用賀)に来て、首都高速に乗らず、最初の幹道、環八から都内に入る手前、世田谷区瀬田の交差点にある標識である。つまり地方から来た人が、都心に向かうにはどうすればいいのか、あるいは都内を回避するにはどう行けばいいのか、真っ先に判断する場所にある標識である。

それがどうだろう? 直進:田園調布、等々力、左折:上馬、右折:溝の口の文字。後は246号線玉川通りと311号線の案内だけである。

初めて東京に来て、首都高が渋滞で降りて環八に入り、さて銀座方面に行こうとか、東京を抜けて千葉方面を目指そうとしたドライバーは、これで何が分かるのだろうか? ともかく、信じられないぐらい不親切な案内標識である。初めて地方から来る人の何割が等々力という名前と場所を知っているだろうか? 上馬が都心に向かっていることを知っている人は、何人いるのだろうか? 右の溝の口というのは何なのか判断できるだろうか? いや都内に住んでいても、環八は知っていても、311号線なんて聞いたことない人が大半のはずだ。

どうしてこんな標識が作られたのか理解できない。百歩譲って、この表現を残しても、これに各方面を、もっと大きな文字で加えられないのか。直進:横浜方面、右:神奈川県県境方面、左:都心方面、それを書けばいい。いやそうしなければいけないのだ。

標識は誰のためにあるのだろうか。交通行政の役人のためにあるのではなくて、それを使い、それに頼る、使用者のためにあるのだ。

世界中、大抵の町に行けば、必ず町の中心を示す文字が標識に入っている。Center, Centrum, Centro, Stadmitteなどなど、中央を示す文字は必ずある。場所によっては多重円のようなマークも一緒について、文字が読めなくても見当がつくようになっている。大半の旅行者は、だいたい町の中に用があるのだから、それを頼りにしていけば、見当がつく。

ともかく日本の道路案内表式は不親切なのである。それを見る人に対する思いやりというものが一切無いのだ。昔から担当のお役人は何人も何度も海外視察と称して、こういうものを見に行ったのに、一体全体なにをしていたのだろうか?

東京の入り口、世田谷瀬田交差点の案内標識。一体地方の人がこれで何が分かるのか!
第14回:標識一つにも、心を込めよう
へんろみち保存協会の地図。ものすごい情報量に満ちている。入手方法などの詳細はhttp://www.iyohenro.jp/へ。
第14回:標識一つにも、心を込めよう
遍路用の案内設備は昔からあった。今でも江戸時代、明治大正時代の遍路石があちこちに残っている。ほとんど土地のお金持ちが立てたというが、昔から優しい人は多かった。
第14回:標識一つにも、心を込めよう

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。