第163回:日本車よ、レトロに浸ってる場合じゃない! 大矢アキオ式パリサロン漫遊記(前編)

2010.10.09 エッセイ

第163回:日本車よ、レトロに浸ってる場合じゃない!大矢アキオ式パリサロン漫遊記(前編)

ターゲットは中国

第111回パリモーターショー(パリサロン)が2010年10月2日、ポルト・ド・ベルサイユ見本市会場で一般公開された。9月に起きたエッフェル塔爆破予告事件をきっかけにテロ警戒体制が敷かれ、連日ショー会場も所持品検査が実施された。

それはさておき、今年フランス系ブランドのプレス・コンファレンスで強調されたのは、「中国市場の重視」である。プジョーは今回発表した新型セダン「508」を、世界最大の自動車市場である中国でも生産する。その意気込みを、「offensive」(攻撃的な)という形容詞で繰り返し表現した。
シトロエンも、同ブランドにとって中国は母国に続く第2の市場であることを冒頭で誇らしげに触れた。

昨今話題の米国の電気自動車メーカー「テスラモータース」も同じだ。アップルから移籍したことで有名なデザイン&店舗開発副社長のジョージ・ブランケンシップ氏は筆者の問いに、「中国は私たちにとって重要なマーケットである」として、すでに当局の保安基準に適合させるべく計画を着々と進めていることを明かした。

いっぽう中国メーカーといえば、2年前の2008年にはフランスのインポーターが双環汽車製で「BMW X5」風のSUV「CEO」を持ち込んで議論を呼んだが、今回自動車としての出展はなかった。意外に厚かった欧州クラッシュテストの壁や、意匠権に関するゴタゴタを考えれば、爆発的に成長している自国の市場を優先したほうがよいというメーカーサイドの選択が働いたのだろう。

一般公開日最初の日曜日である10月3日、BMW「MINI」のスタンドは大盛況。
一般公開日最初の日曜日である10月3日、BMW「MINI」のスタンドは大盛況。
記者に囲まれたテスラのブランケンシップ副社長。「多くの顧客にテスラを体験してもらうことが目下最大の目標です」
記者に囲まれたテスラのブランケンシップ副社長。「多くの顧客にテスラを体験してもらうことが目下最大の目標です」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。