日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】

2010.10.08 自動車ニュース
ホール4の半分近くを占めたトヨタグループのスタンド。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】

【パリサロン2010】日本はハイブリッド、韓国はコンパクトカーに注力

エコは日本車の得意分野のはず。なのに、今回のパリモーターショーではいまひとつ精彩を欠いた感がある。地元フランス勢が電気自動車で盛り上げたのに対して、日本勢はハイブリッドカーが中心。それが民衆の心にあまり届かなかった理由だろうか。

トヨタの主役はハイブリッドカーたちだった。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】
ワールドプレミアの「バーソS」。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】

■「日産タウンポッド」が新しい

メイン会場のホール1に続いて盛り上がったのがちょっと離れたホール4。トヨタグループのスタンドはそこの約半分を占め(残りの半分はフォルクスワーゲングループ)、「プリウス」や「オーリスHSD」などのフルハイブリッドカーを展示。ワールドプレミアとしては「バーソS」を用意した。日本で販売されている「ラクティス」に相当するモデルだ。
隣のレクサスのブースでは、同じくフルハイブリッドカーの「レクサスCT200h」が中心に置かれた。

日産の高級ブランド・インフィニティも、ハイブリッドカー「M35h」(日本名:フーガハイブリッド)が主役。3.5リッターのV型6気筒ガソリンエンジン(306ps)にモーター(68ps)を組み合わせている。ヨーロッパでは2011年春に発売の予定だ。対する日産ブースでは電気自動車の「タウンポッド」を公開。次期「キューブ」を思わせるような、箱型のスタイリングが印象的だ。

ホンダのブースでは「CR-Z」と、欧州でも直に発売される「ジャズハイブリッド」(日本名:フィットハイブリッド)が披露された。「インサイト」と同じ1.3リッター直4ガソリンエンジンにハイブリッド「IMA」システムを組み合わせ、ヨーロッパの複合モードで22.73km/リッターという燃費を記録する。

レクサススタンドの主役は発売間近の「CT200h」。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】
日産の高級ブランドであるインフィニティも「M35h」(フーガハイブリッド)を日本に先んじて公開。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】
次期「キューブ」を示唆しているような、日産の電気自動車コンセプト「タウンポッド」。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】

■日本車と真っ向勝負

韓国勢ではヒュンダイがBセグメントハッチバックの「ix20」を公開した。ドイツにあるヒュンダイの欧州R&Dセンターがデザインと開発を手がけ、ガソリンエンジンのほかディーゼルも用意される。「ホンダ・ジャズ」(フィット)に真っ向からぶつかるサイズと内容だ。

ヒュンダイ傘下のキアは、電気自動車のシティカーコンセプト「ポップ」を発表した。全長は3mと「トヨタiQ」と同程度。大胆なデザインが採用されており、スタンドに華を添えていた。

(文と写真=webCG竹下)

ホンダの主役は「ジャズハイブリッド」(フィットハイブリッド)。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】
韓国のヒュンダイは「ジャズ」に真っ向からぶつかる「ix20」を投入。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】
ヒュンダイの傘下にあるキアは、大胆なデザインの電気自動車コンセプトカー「ポップ」を公開。
日本・韓国メーカーの紹介【パリサロン2010】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。