三菱デリカD:5 恒例の冬モデル登場

2010.10.08 自動車ニュース

「三菱デリカD:5」、恒例の冬モデルが登場

三菱自動車は2010年10月7日、「デリカD:5」に特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定し、10月18日に発売すると発表した。

「シャモニー」は、冬の到来を前に三菱自動車がSUV系モデルに設定する、恒例の特別仕様シリーズだ。今回発売される「デリカD:5シャモニー」は、中間グレードの「Gパワーパッケージ」(7/8人乗り・4WD車)をベースに、メッキタイプのドアアウターハンドルやウインカー付き電動リモコンドアミラーを追加。さらに「CHAMONIX」バッジを装着し、上質な雰囲気を演出した。

ボディカラーは、ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック(有料色:3万1500円)と、クールシルバーメタリック/ミディアムグレーマイカの2タイプのツートンカラーに加え、モノトーンのブラックマイカを設定した。

内装は、センターパネル、アッパーグローブボックス、センターコンソールリッド、パワーウィンドウスイッチパネルを木目調に変更。さらに本木目と本革を組み合わせたコンビタイプのステアリングホイールを装着するなど、高級感を高めた。

7インチワイドディスプレイHDDナビゲーションも標準装備。外部機器をUSB端子やBluetoothで接続できる「リンクシステム」をメーカーオプションで設定した。

価格は、ベース車より27万9000円高の、333万円。

(webCG 曽宮)

「デリカD:5シャモニー」
「デリカD:5シャモニー」

三菱デリカD:5 恒例の冬モデル登場の画像

三菱デリカD:5 恒例の冬モデル登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
ホームへ戻る