ホンダ・フィットにハイブリッド誕生

2010.10.08 自動車ニュース
「ホンダ・フィットハイブリッド」
ホンダ・フィットにハイブリッド誕生

「ホンダ・フィット」のハイブリッド版登場

本田技研工業は2010年10月8日、新型のコンパクトハイブリッドカー「フィットハイブリッド」を発売した。

運転席まわりの様子。グローブボックスのパネルなどが、専用カラーのシャンパンメタリックとなる。
ホンダ・フィットにハイブリッド誕生

■売れっ子に“花”

「ホンダ・フィット」が2代目になって、ちょうど3年。シリーズ全体にマイナーチェンジが施され、同時にそのハイブリッドバージョン「フィットハイブリッド」が追加された。
名前のとおり、売れ筋のコンパクトカー「フィット」に、燃費が稼げるハイブリッドシステムを搭載したのが、商品としてのポイント。ホンダにとっては、「インサイト」「シビックハイブリッド」「CR-Z」に続く、4番目のハイブリッドカーとなる。

肝心の燃費性能は、10・15モード値で30.0km/リッターと、ベースのガソリンモデル(同24.5km/リッター)に比べ、2割ほどのアドバンテージ。「誰もが乗れる“みんなの”HYBRID」をコンセプトに、先に販売された「インサイト」より30万円も安い、159万円のスタート価格で市場にアピールする。


ホンダ・フィットにハイブリッド誕生の画像
荷室フロアはわずかに高くなったが、他「フィット」ファミリー同様、フルフラット状態にできる。
荷室フロアはわずかに高くなったが、他「フィット」ファミリー同様、フルフラット状態にできる。

■広さは(ほぼ)そのまま

小さなハイブリッドカーという新たな境地を切り開く「フィットハイブリッド」。しかし、外観上「フィット」と異なるのは、専用デザインのグリルやホイール、メッキのガーニッシュくらいのもの。実際の寸法も、ベーシックな1.3リッターガソリンモデル「G」と変わらない。
インテリアも基本的なデザインに違いはないものの、走行状態に合わせて青から緑へと色を変える「アンビエントメーター」や、燃費データなどをドライバーに知らせるマルチインフォメーションディスプレイが備わり、特別なエコカーであることを主張する。

車内には、フィット・ファミリー自慢の広々とした居住空間が広がるが、荷室の床下に用意されていた収納スペース(40リッター)は、ハイブリッドカーの宿命としてバッテリーなどのメカニズムに占領された。床上についてもフロアが20mm高くなり、容量は10%ほど縮小した(341リッター)ものの、ワンタッチでチップアップ&ダイブダウンするリアシート、それにあわせてフルフラットになる空間は健在だ。

エンジンルームには、「インサイト」と同じパワーユニットが収まる。
エンジンルームには、「インサイト」と同じパワーユニットが収まる。
「フィットハイブリッド」のメーターまわり。手前のモーターアシスト計がハイブリッド車の証。
「フィットハイブリッド」のメーターまわり。手前のモーターアシスト計がハイブリッド車の証。

ホンダ・フィットにハイブリッド誕生の画像

■見えない努力で30.0km/リッター

肝心のハイブリッドシステムは、「インサイト」と同じもの。すなわち、1.3リッターガソリンエンジン(88ps、12.3kgm)を電気モーター(14ps、8.0kgm)がアシストするタイプで、システム全体としては98ps、17.0kgmを発生する。
同時にマイナーチェンジしたガソリンモデルの「フィット」(99〜120ps、12.8〜14.8kgm)に比べ、パワーこそ控えめなものの、トルクでは大いに勝り、“モーター付き”らしい力強い走りを提供するという。
兄貴分の「インサイト」よりも、市街地走行などでのモーターアシストを大きくしたり、モーターのみの走行範囲を増やすなど、独自のセッティングも施された。

トランスミッションはCVT。前:マクファーソンストラット、リア:トーションビーム式のサスペンション形式も変わらないが、ハイブリッドシステムを積んだことによる前後重量配分の変化、さらに低転がり抵抗タイヤの採用を受けて、ダンパー、スプリングには専用のセッティングが施され、リアにスタビライザーが追加された。

また、全長が短く空力のうえで不利な「フィット」で燃費を伸ばすアイテムとして、エンジンルームとキャビンの真下には、シャシーを平らにすべくアンダーカバーが与えられた。ブレーキキャリパーも非制動時の回転抵抗が小さいものに変えるなどして、「インサイト」と同じ、30.0km/リッターの10.15モード燃費値を実現している。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る