M3クーペコンペティション 受注開始

2010.10.07 自動車ニュース

「BMW M3」誕生25周年記念モデル「M3クーペコンペティション」の受注を開始

BMWジャパンは2010年10月7日、高性能モデル「M3」の誕生25周年を記念し、「M3クーペコンペティション」を追加設定。同日に受注を開始した。

■超体育会系「M3」

1985年秋のフランクフルトショーに、初代「M3」が登場して今年で25年。ツーリングカーレースへの参戦を前提に開発された「M3」が、その後ドイツ・ツーリングカー選手権をはじめ、数々のレースで輝かしい成績をおさめたのはご存じのとおりだ。そんな「M3」の誕生25周年を記念して、今回ラインナップに加えられたのが「M3クーペコンペティション」だ。

「M3クーペコンペティション」は、「M3クーペ」をベースにさらにスポーツ色を強めたのが特徴。デザインでは、ボディカラーを専用の“ファイヤー・オレンジ”とするとともに、マットブラックの19インチアルミホイールを装着。この専用デザインホイールには、フロント245/35R19、リア265/35R19タイヤが組み合わされる。
また、ベースモデルではルーフがカーボン製となるが、この「M3クーペコンペティション」では、さらにリアスポイラー、ドアミラーカバーもカーボン製となりスポーティさをアピールする。

一方、走りにまつわる部分では、通常オプションとなる「Mドライブ」と「EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)」を標準装着としたうえで、EDCやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に専用のセッティングを施すことで、よりスポーティなドライビングを可能にしている。

さらに、カーボンインテリアトリムや電動調節式サイドサポート、ランバーサポート(ともに運転席&助手席)も標準で装備。価格は、6段MTが1163万円、7段ATは1213万円で、ベースモデルに対して145万円のアップとなる。なお、納車は2011年2月以降になる見通しだ。

(文=生方聡)

「BMW M3クーペコンペティション」
「BMW M3クーペコンペティション」

関連キーワード:
M3クーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る