M3クーペコンペティション 受注開始

2010.10.07 自動車ニュース

「BMW M3」誕生25周年記念モデル「M3クーペコンペティション」の受注を開始

BMWジャパンは2010年10月7日、高性能モデル「M3」の誕生25周年を記念し、「M3クーペコンペティション」を追加設定。同日に受注を開始した。

■超体育会系「M3」

1985年秋のフランクフルトショーに、初代「M3」が登場して今年で25年。ツーリングカーレースへの参戦を前提に開発された「M3」が、その後ドイツ・ツーリングカー選手権をはじめ、数々のレースで輝かしい成績をおさめたのはご存じのとおりだ。そんな「M3」の誕生25周年を記念して、今回ラインナップに加えられたのが「M3クーペコンペティション」だ。

「M3クーペコンペティション」は、「M3クーペ」をベースにさらにスポーツ色を強めたのが特徴。デザインでは、ボディカラーを専用の“ファイヤー・オレンジ”とするとともに、マットブラックの19インチアルミホイールを装着。この専用デザインホイールには、フロント245/35R19、リア265/35R19タイヤが組み合わされる。
また、ベースモデルではルーフがカーボン製となるが、この「M3クーペコンペティション」では、さらにリアスポイラー、ドアミラーカバーもカーボン製となりスポーティさをアピールする。

一方、走りにまつわる部分では、通常オプションとなる「Mドライブ」と「EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)」を標準装着としたうえで、EDCやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に専用のセッティングを施すことで、よりスポーティなドライビングを可能にしている。

さらに、カーボンインテリアトリムや電動調節式サイドサポート、ランバーサポート(ともに運転席&助手席)も標準で装備。価格は、6段MTが1163万円、7段ATは1213万円で、ベースモデルに対して145万円のアップとなる。なお、納車は2011年2月以降になる見通しだ。

(文=生方聡)

「BMW M3クーペコンペティション」
「BMW M3クーペコンペティション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る