M3クーペコンペティション 受注開始

2010.10.07 自動車ニュース

「BMW M3」誕生25周年記念モデル「M3クーペコンペティション」の受注を開始

BMWジャパンは2010年10月7日、高性能モデル「M3」の誕生25周年を記念し、「M3クーペコンペティション」を追加設定。同日に受注を開始した。

■超体育会系「M3」

1985年秋のフランクフルトショーに、初代「M3」が登場して今年で25年。ツーリングカーレースへの参戦を前提に開発された「M3」が、その後ドイツ・ツーリングカー選手権をはじめ、数々のレースで輝かしい成績をおさめたのはご存じのとおりだ。そんな「M3」の誕生25周年を記念して、今回ラインナップに加えられたのが「M3クーペコンペティション」だ。

「M3クーペコンペティション」は、「M3クーペ」をベースにさらにスポーツ色を強めたのが特徴。デザインでは、ボディカラーを専用の“ファイヤー・オレンジ”とするとともに、マットブラックの19インチアルミホイールを装着。この専用デザインホイールには、フロント245/35R19、リア265/35R19タイヤが組み合わされる。
また、ベースモデルではルーフがカーボン製となるが、この「M3クーペコンペティション」では、さらにリアスポイラー、ドアミラーカバーもカーボン製となりスポーティさをアピールする。

一方、走りにまつわる部分では、通常オプションとなる「Mドライブ」と「EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)」を標準装着としたうえで、EDCやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)に専用のセッティングを施すことで、よりスポーティなドライビングを可能にしている。

さらに、カーボンインテリアトリムや電動調節式サイドサポート、ランバーサポート(ともに運転席&助手席)も標準で装備。価格は、6段MTが1163万円、7段ATは1213万円で、ベースモデルに対して145万円のアップとなる。なお、納車は2011年2月以降になる見通しだ。

(文=生方聡)

「BMW M3クーペコンペティション」
「BMW M3クーペコンペティション」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る