【スペック】全長×全幅×全高=4845×1860×1490mm/ホイールベース=2815mm/車重=1680kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=479万円(テスト車=同じ)

シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】

いいことずくめ 2010.10.07 試乗記 シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)
……479万円

マイナーチェンジで新しいドライブトレインを採用した「C5」。デカいボディに小さいエンジンの組み合わせを、1.6リッターの「ツアラー」で試した。

新たな魅力

現在、大型シトロエンの国内セールスは「C4ピカソ」のひとり勝ちだそうだ。でも、考えてみると、それはミニバンというカテゴリーのひとり勝ちだと思う。人も荷物も載せて、クルマを遊びの道具に使いたいなら、「C5」のワゴンはイチオシの大型シトロエンである。

それだけでなく「C5ツアラー」はライバルのなかでもユニークな存在だ。同じ価格帯にある「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW3シリーズ」のワゴンより、ボディはひとまわり大きい。「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」と比べれば、はるかに安い。わかりやすくBMWにたとえるなら、3と5の中間“4シリーズツーリング”みたいな車格を持つのがC5ツアラーの立ち位置だと思う。もちろんハイドロ・ニューマチック・サスペンションというユニークさも、他車にないアドバンテージだ。

そのC5にまた新たな魅力が加わった。4気筒モデルに採用された新エンジン。これまでの2リッターユニットに代わって、PSAグループ/BMW共同開発の1.6リッターターボが搭載されたのである。同時に自動変速機も、長いことおなじみだった“AL4”からアイシンAW製に換装され、スペック上も4段ATから6段ATに躍進した。

 
シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】の画像
 
シトロエンC5ツアラー エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C5ツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS5シック(FF/6AT)【試乗記】 2012.7.22 試乗記 シトロエンDS5シック(FF/6AT)
    ……445万円

    スタイリングと実用性の類いまれなる融合例(!?)として目下話題の「シトロエンDS5」。見てよし、触れてよしの希代のクロスオーバーは、どんな走りの後味を残すのか。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」登場 2017.4.21 自動車ニュース 「三菱デリカD:5」に特別仕様車「アクティブギア」が登場。SUVライクな力強さや、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現したという内外装が特徴で、さらにアウトドアのイメージを高める「ACTIVE GEARコンプリートパッケージ」も用意されている。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
ホームへ戻る