R8スパイダー デビューイベント開催

2010.10.06 自動車ニュース

「アウディR8スパイダー」発売記念イベント開催

アウディジャパンは2010年10月6日、すでに予約を受け付けていたオープンスポーツカー「アウディR8スパイダー」を正式に発売。同日夜、記念イベント「Feel the Breeze」を開催した。

「アウディR8スパイダー」は、2シータースーパースポーツ「R8」のオープンバージョンで、アウディのフラッグシップオープンスポーツカーに位置づけられるモデル。

機関面は「R8」のV10モデルと同じく、5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)をミドに搭載。6段Rトロニックトランスミッションを介し、4輪をクワトロシステムで駆動する。

Aピラーの強度を向上し、ポップアップ式のロールオーバーバーを追加するなど、オープントップ化に対応した安全面での強化が図られる一方、ソフトトップカバーに最先端軽量素材を使うなど、重量増には気を配られ、「R8 5.2 FSI クワトロ」の100kg増となる1790kgという車重に抑えられた。

全11色のボディカラーと、3色のソフトトップカラーをラインナップ。ハンドル位置は左右が選べ、価格は2194万円となる。

発売を記念して行われたイベント「Feel the Breeze」には、豪華ゲストが多数顔を見せた。タレントの眞鍋かをりさんや、元プロ野球選手の東尾修さんとプロゴルファーの東尾理子さん、ファッションモデルのLIZAなどが駆けつけたほか、今年アウディチームからルマン24時間レースに出場したアンドレ・ロッテラー選手による同乗体験走行なども行われ、会場の国立代々木競技場オリンピックプラザには、威勢のいいV10サウンドがこだましていた。

(webCG 本諏訪)

「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
 
R8スパイダー デビューイベント開催の画像
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.21 試乗記 アウディのスポーツカー「TT」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。オープン2シーターの「TTロードスター」と高性能モデル「TTSクーペ」を駆って、その実力を確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る