R8スパイダー デビューイベント開催

2010.10.06 自動車ニュース

「アウディR8スパイダー」発売記念イベント開催

アウディジャパンは2010年10月6日、すでに予約を受け付けていたオープンスポーツカー「アウディR8スパイダー」を正式に発売。同日夜、記念イベント「Feel the Breeze」を開催した。

「アウディR8スパイダー」は、2シータースーパースポーツ「R8」のオープンバージョンで、アウディのフラッグシップオープンスポーツカーに位置づけられるモデル。

機関面は「R8」のV10モデルと同じく、5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)をミドに搭載。6段Rトロニックトランスミッションを介し、4輪をクワトロシステムで駆動する。

Aピラーの強度を向上し、ポップアップ式のロールオーバーバーを追加するなど、オープントップ化に対応した安全面での強化が図られる一方、ソフトトップカバーに最先端軽量素材を使うなど、重量増には気を配られ、「R8 5.2 FSI クワトロ」の100kg増となる1790kgという車重に抑えられた。

全11色のボディカラーと、3色のソフトトップカラーをラインナップ。ハンドル位置は左右が選べ、価格は2194万円となる。

発売を記念して行われたイベント「Feel the Breeze」には、豪華ゲストが多数顔を見せた。タレントの眞鍋かをりさんや、元プロ野球選手の東尾修さんとプロゴルファーの東尾理子さん、ファッションモデルのLIZAなどが駆けつけたほか、今年アウディチームからルマン24時間レースに出場したアンドレ・ロッテラー選手による同乗体験走行なども行われ、会場の国立代々木競技場オリンピックプラザには、威勢のいいV10サウンドがこだましていた。

(webCG 本諏訪)

「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
 
R8スパイダー デビューイベント開催の画像
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。

関連キーワード:
R8スパイダーアウディR8イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る