R8スパイダー デビューイベント開催

2010.10.06 自動車ニュース

「アウディR8スパイダー」発売記念イベント開催

アウディジャパンは2010年10月6日、すでに予約を受け付けていたオープンスポーツカー「アウディR8スパイダー」を正式に発売。同日夜、記念イベント「Feel the Breeze」を開催した。

「アウディR8スパイダー」は、2シータースーパースポーツ「R8」のオープンバージョンで、アウディのフラッグシップオープンスポーツカーに位置づけられるモデル。

機関面は「R8」のV10モデルと同じく、5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)をミドに搭載。6段Rトロニックトランスミッションを介し、4輪をクワトロシステムで駆動する。

Aピラーの強度を向上し、ポップアップ式のロールオーバーバーを追加するなど、オープントップ化に対応した安全面での強化が図られる一方、ソフトトップカバーに最先端軽量素材を使うなど、重量増には気を配られ、「R8 5.2 FSI クワトロ」の100kg増となる1790kgという車重に抑えられた。

全11色のボディカラーと、3色のソフトトップカラーをラインナップ。ハンドル位置は左右が選べ、価格は2194万円となる。

発売を記念して行われたイベント「Feel the Breeze」には、豪華ゲストが多数顔を見せた。タレントの眞鍋かをりさんや、元プロ野球選手の東尾修さんとプロゴルファーの東尾理子さん、ファッションモデルのLIZAなどが駆けつけたほか、今年アウディチームからルマン24時間レースに出場したアンドレ・ロッテラー選手による同乗体験走行なども行われ、会場の国立代々木競技場オリンピックプラザには、威勢のいいV10サウンドがこだましていた。

(webCG 本諏訪)

「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ハンドル位置は左右を選択可能。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
 
R8スパイダー デビューイベント開催の画像
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る