R8スパイダー デビューイベント開催

2010.10.06 自動車ニュース

「アウディR8スパイダー」発売記念イベント開催

アウディジャパンは2010年10月6日、すでに予約を受け付けていたオープンスポーツカー「アウディR8スパイダー」を正式に発売。同日夜、記念イベント「Feel the Breeze」を開催した。

「アウディR8スパイダー」は、2シータースーパースポーツ「R8」のオープンバージョンで、アウディのフラッグシップオープンスポーツカーに位置づけられるモデル。

機関面は「R8」のV10モデルと同じく、5.2リッターV10(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)をミドに搭載。6段Rトロニックトランスミッションを介し、4輪をクワトロシステムで駆動する。

Aピラーの強度を向上し、ポップアップ式のロールオーバーバーを追加するなど、オープントップ化に対応した安全面での強化が図られる一方、ソフトトップカバーに最先端軽量素材を使うなど、重量増には気を配られ、「R8 5.2 FSI クワトロ」の100kg増となる1790kgという車重に抑えられた。

全11色のボディカラーと、3色のソフトトップカラーをラインナップ。ハンドル位置は左右が選べ、価格は2194万円となる。

発売を記念して行われたイベント「Feel the Breeze」には、豪華ゲストが多数顔を見せた。タレントの眞鍋かをりさんや、元プロ野球選手の東尾修さんとプロゴルファーの東尾理子さん、ファッションモデルのLIZAなどが駆けつけたほか、今年アウディチームからルマン24時間レースに出場したアンドレ・ロッテラー選手による同乗体験走行なども行われ、会場の国立代々木競技場オリンピックプラザには、威勢のいいV10サウンドがこだましていた。

(webCG 本諏訪)

「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。
「アウディR8スパイダー」と、発売記念イベントに駆けつけたタレントの眞鍋かをりさん。 拡大
ハンドル位置は左右を選択可能。
ハンドル位置は左右を選択可能。 拡大
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。
ミドに搭載される5.2リッターV10エンジン。幌をしまうスペースができたため、外からは見えなくなってしまった。 拡大
 
R8スパイダー デビューイベント開催の画像 拡大
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。
2010年6月に開催されたルマン24時間で、「アウディR15 TDI」を駆り、2位でフィニッシュしたアンドレ・ロッテラー選手。「R8スパイダーは、屋根がないのでV10エンジンの素晴らしいサウンドがよく聞こえるのがいいね」とコメント。 拡大

関連キーワード:
R8スパイダーアウディR8イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る