欧州発「フォード・クーガ」上陸

2010.10.06 自動車ニュース

小さなフォードのSUV「クーガ」発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2010年10月5日、コンパクトSUV「Kuga(クーガ)」の日本導入を発表。同日に発売した。

「エクスプローラー」など大型でタフなヨンクで知られるフォードの、(比較的)コンパクトなSUV「クーガ」が発売された。「エモーショナルなデザインと、フォード伝統のオフロード走破性、SUVの概念を超えるドライビングダイナミクスを高次元で融合させた」という、久しく輸入の途絶えていた欧州フォード製のクルマである。

ボディのサイズは、全長×全幅×全高=4445×1850×1715mmで、ホイールベースは2690mm。フォードがライバル視する「フォルクスワーゲン・ティグアン」に近い数値となっている。
フロントには、200ps/6000rpm、32.6kgm/1600-4000rpmを発生する直5ターボエンジンを搭載。トルコン式の5段ATを介し、4輪を駆動。低回転からのトルクを生かし、SUVに求められる力強い走りを提供するという。

肝心の4WDシステムは同社が「インテリジェントAWD」と呼ぶもので、電子制御により前後輪へのトルク配分が可能。
さらに、タイヤ空転時など、過大なトルクが伝わっている車輪にブレーキをかけ、左右のトルクを効率的に再配分する「BLD(ブレーキ・ロック・デファレンシャル)」も備わる。

そのほか、「ARM(アンチロールオーバーミディゲーション)」を組み込んだESP(横滑り防止装置)や、メイン/サイド/カーテン式の各エアバッグといった安全装備が標準で備わるのも自慢だ。

ラインナップは、ベーシックグレードの「トレンド」(335万円)と、上級グレード「タイタニアム」(378万円)の2種類。
後者には、1085×785mmの特大ガラスサンルーフのほか、雨滴感知式ワイパー、クルーズコントロール、シートヒーターなどの快適装備が備わる。

(webCG 関)

「フォード・クーガ」
「フォード・クーガ」

欧州発「フォード・クーガ」上陸の画像
「フォード・クーガ」のインテリア。
「フォード・クーガ」のインテリア。
直列5気筒の2.5リッターターボエンジン。日本に導入される2グレードのパワートレインに違いはない。
直列5気筒の2.5リッターターボエンジン。日本に導入される2グレードのパワートレインに違いはない。
「クーガ」のエクステリアは、フォードのデザインコンセプト「キネティックデザイン」でまとめられる。彫りの深いプレスラインが特徴で、デザインキューとして各所に台形が用いられている。
「クーガ」のエクステリアは、フォードのデザインコンセプト「キネティックデザイン」でまとめられる。彫りの深いプレスラインが特徴で、デザインキューとして各所に台形が用いられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る