【スペック】全長×全幅×全高=4740×1775×1660mm/ホイールベース=2750mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.5kgm/3200rpm)/価格=199万5000円(テスト車=同じ)

スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)【試乗記】

大変よくできました 2010.10.06 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)
……199万5000円

マイチェンで装備が充実した一番安い「エクシーガ」は、家族みんなが納得のクルマに仕上がっていた。

CVT搭載で減税ゲット

「スバル・エクシーガ」はユニークなスバルである。ステーションワゴンのフォルムをとどめながら、実は前後3列シートの7人乗り。クルマに近づくと、縮尺感が狂ったように感じさせる背の高さは1660mmある。「ホンダ・オデッセイ」のようなルーフの低いミニバンよりはるかにノッポで、「レガシィツーリングワゴン」より12cmも高い。それなのに、エンジンは2リッター4気筒がメイン。駆動系も、レガシィにはない2WD車ラインナップが充実している。しかし、アメニティの高さを考えると、価格設定はお買い得だ。ミニバン志向とデフレの今を体現するようなクルマといえる。

そんなエクシーガの最廉価グレードが「2.0i」である。2010年8月の改良でこのベーシックモデルも変速機が4段ATからリニアトロニック(CVT)に変わった。これでエクシーガは全グレードがエコカー減税対象車になった。エコカー補助金が打ち止めになったいま、減税ゲットは大きなインセンティブだろう。今回試乗したのは2WDモデル。シリーズで唯一200万円を切るエクシーガである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
    ……303万4500円

    「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)【試乗記】 2010.10.6 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)
    ……199万5000円

    マイチェンで装備が充実した一番安い「エクシーガ」は、家族みんなが納得のクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る