オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】

2010.10.04 自動車ニュース
「オペル・アストラ」のワゴンモデル「スポーツツアラー」がオペルブースの主役。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】

【パリサロン2010】新型「フォード・フォーカス」登場、オペルは「アストラ」充実

日本ではなじみの薄くなってしまったオペルとヨーロッパフォードだが、いずれも欧州ではいまだに人気が高い。2社ともに、ハッチバック車の派生モデルを充実させてきた。

「アストラ」の3ドアクーペ「GTCパリ」はコンセプトカーとしての出展。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】
ヨーロッパフォードの中核モデル「フォード・フォーカス」もモデルチェンジを果たした。これは4ドアセダン。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】
こちらは「フォーカス」のワゴン仕様。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】

■「アストラ」vs.「フォーカス」!

これまで5ドアハッチバックだけの展開にとどまっていた「オペル・アストラ」シリーズに「スポーツツアラー」という名のワゴンが加わった。リアシートがボタンひとつで畳めたり、最大で1550リッターまで広がるラゲッジスペースを確保したりと、ワゴンとしての使い勝手が追及されている。エンジンラインナップは95psから180psまで9種類におよぶ。スタイリングは兄貴分の「インシグニア」を思わせ、質感が高い。本来ならもっと評価されてもいいクルマである。

そしてもう1台、「アストラ」の3ドアである「GTCパリ」が披露された。ただしこちらはコンセプトカーの扱い。ルーフは曲線を描き、5ドアより格段にスポーティなフォルムを持っているが、5人乗車が可能とうたわれている。実に290psを生み出す2リッターターボユニットを搭載するという設定。

それに対して、フォードのブースでは「アストラ」のライバルである「フォーカス」の新型が注目を浴びていた。こちらは発表当初から5ドアハッチバック、4ドアセダン、ワゴンという布陣だ。高性能バージョンの「ST」まで惜しげもなく公開された。

(文=webCG竹下)

そしてシリーズの中心的存在である5ドアハッチバック仕様。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】
さらには、高性能仕様の「フォーカスST」まで惜しげもなく公開された。
オペル/欧州フォードのブース紹介【パリサロン2010】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。