BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.04 自動車ニュース
BMWの目玉は「コンセプト6シリーズクーペ」。“コンセプト”の名が付くが、完成度は量産型なみ。
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

【パリサロン】BMW、次期「6シリーズ」を提案 MINIの電動スクーターがデビュー?

BMWは次期「6シリーズ」を示唆するコンセプトモデルを発表。そしてMINIブランドは、期せずして「スマート」と同時に、2輪を発表することになった。

「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。

■次期「6シリーズ」は、ほぼ完成!?

「駆け抜ける歓び」をタグラインに掲げるメーカーだけあって、最近のBMWはモーターショーをクルマを展示するだけの場とは考えていない。ホームグラウンドのフランクフルトショーでは、別館をひとつ貸し切り、ホールの壁のちょっと高い位置にトラックをぐるりと一周まわし、ショーカーからヴィンテージカーまでを実際に走らせていたのだ。

BMWはここパリでも、フランクフルトほど大規模ではないが、実際に走らせるトラックを設置。プレスカンファレンスでは、オリジナル「6シリーズ」に続いて「コンセプト6シリーズクーペ」を、自走で観衆の前に登場させるというパフォーマンスを披露した。なかなか粋な演出である。

長いボンネット、短いフロントオーバーハング、優雅に下降していくルーフラインと、「コンセプト6シリーズクーペ」は“6シリーズの文脈”に忠実で、しかも先代モデルにもまして耽美(たんび)的に見える。面質は現行「5シリーズ」に共通する、リッチな感触のもの。先進性やそれに起因する奇抜さより、熟成や伝統に重きを置いているかのように見える。
そうは言っても、もちろん先進的な試みが盛り込まれており、アダプティブ機構を備えた、BMWとしては初となる総LEDヘッドランプを装着している。

一方、今回が一般初公開となる新型「X3」も観衆を集めていた。従来型よりボリューム感が増し、それに応じてインテリアスペースも広がっている。販売開始当初はディーゼルが「xDrive20d」(184ps)、ガソリンが「xDrive35i」(306ps)というシンプルなラインナップになる予定だ。

「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
 
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】の画像

■MINIの話題は、スクーターとWRC

BMWの隣にあるMINIのスタンドで注目を集めていたのは「MINIスクーターEコンセプト」である。スマートの「eスクーター」と同様に、こちらもリチウムイオンバッテリーを搭載した電動スクーターであり、ヘッドランプやフロントカウルの開口部に、四輪のMINIのデザインモチーフが用いられているのが見どころ。特にメカニズムの詳細や、普及へ向けたビジネス的なシナリオなどは提示されず、デザインスタディ的な展示にとどまった。

そしてもうひとつ、発表されたばかりの「MINIカントリーマン」(日本名「MINIクロスオーバー」)で、MINIがWRC(世界ラリー選手権)へ出場することが明らかにされた。2011年シーズンはスポット参戦となり、翌2012年からフル参戦する。カスタマーチームへ向けた車両の供給は、2010年の秋から始まる予定だ。

(文=webCG竹下)

関連キーワード:
6シリーズ クーペX3BMWMIMIパリモーターショー2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る