BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.04 自動車ニュース
BMWの目玉は「コンセプト6シリーズクーペ」。“コンセプト”の名が付くが、完成度は量産型なみ。
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

【パリサロン】BMW、次期「6シリーズ」を提案 MINIの電動スクーターがデビュー?

BMWは次期「6シリーズ」を示唆するコンセプトモデルを発表。そしてMINIブランドは、期せずして「スマート」と同時に、2輪を発表することになった。

「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。

■次期「6シリーズ」は、ほぼ完成!?

「駆け抜ける歓び」をタグラインに掲げるメーカーだけあって、最近のBMWはモーターショーをクルマを展示するだけの場とは考えていない。ホームグラウンドのフランクフルトショーでは、別館をひとつ貸し切り、ホールの壁のちょっと高い位置にトラックをぐるりと一周まわし、ショーカーからヴィンテージカーまでを実際に走らせていたのだ。

BMWはここパリでも、フランクフルトほど大規模ではないが、実際に走らせるトラックを設置。プレスカンファレンスでは、オリジナル「6シリーズ」に続いて「コンセプト6シリーズクーペ」を、自走で観衆の前に登場させるというパフォーマンスを披露した。なかなか粋な演出である。

長いボンネット、短いフロントオーバーハング、優雅に下降していくルーフラインと、「コンセプト6シリーズクーペ」は“6シリーズの文脈”に忠実で、しかも先代モデルにもまして耽美(たんび)的に見える。面質は現行「5シリーズ」に共通する、リッチな感触のもの。先進性やそれに起因する奇抜さより、熟成や伝統に重きを置いているかのように見える。
そうは言っても、もちろん先進的な試みが盛り込まれており、アダプティブ機構を備えた、BMWとしては初となる総LEDヘッドランプを装着している。

一方、今回が一般初公開となる新型「X3」も観衆を集めていた。従来型よりボリューム感が増し、それに応じてインテリアスペースも広がっている。販売開始当初はディーゼルが「xDrive20d」(184ps)、ガソリンが「xDrive35i」(306ps)というシンプルなラインナップになる予定だ。

「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
 
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】の画像

■MINIの話題は、スクーターとWRC

BMWの隣にあるMINIのスタンドで注目を集めていたのは「MINIスクーターEコンセプト」である。スマートの「eスクーター」と同様に、こちらもリチウムイオンバッテリーを搭載した電動スクーターであり、ヘッドランプやフロントカウルの開口部に、四輪のMINIのデザインモチーフが用いられているのが見どころ。特にメカニズムの詳細や、普及へ向けたビジネス的なシナリオなどは提示されず、デザインスタディ的な展示にとどまった。

そしてもうひとつ、発表されたばかりの「MINIカントリーマン」(日本名「MINIクロスオーバー」)で、MINIがWRC(世界ラリー選手権)へ出場することが明らかにされた。2011年シーズンはスポット参戦となり、翌2012年からフル参戦する。カスタマーチームへ向けた車両の供給は、2010年の秋から始まる予定だ。

(文=webCG竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る