BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.04 自動車ニュース
BMWの目玉は「コンセプト6シリーズクーペ」。“コンセプト”の名が付くが、完成度は量産型なみ。
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】

【パリサロン】BMW、次期「6シリーズ」を提案 MINIの電動スクーターがデビュー?

BMWは次期「6シリーズ」を示唆するコンセプトモデルを発表。そしてMINIブランドは、期せずして「スマート」と同時に、2輪を発表することになった。

「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」のリアビュー。先代モデルより伸びやかな造形で、クーペならではの優雅さを表現している。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
「コンセプト6シリーズクーペ」の室内。ドライバー方向に傾けられたセンターコンソールなど、BMW伝統のモチーフを見てとることができる。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。
新型「X3」は、まずは「xDrive20d」と「xDrive35i」から販売が始まる予定。

■次期「6シリーズ」は、ほぼ完成!?

「駆け抜ける歓び」をタグラインに掲げるメーカーだけあって、最近のBMWはモーターショーをクルマを展示するだけの場とは考えていない。ホームグラウンドのフランクフルトショーでは、別館をひとつ貸し切り、ホールの壁のちょっと高い位置にトラックをぐるりと一周まわし、ショーカーからヴィンテージカーまでを実際に走らせていたのだ。

BMWはここパリでも、フランクフルトほど大規模ではないが、実際に走らせるトラックを設置。プレスカンファレンスでは、オリジナル「6シリーズ」に続いて「コンセプト6シリーズクーペ」を、自走で観衆の前に登場させるというパフォーマンスを披露した。なかなか粋な演出である。

長いボンネット、短いフロントオーバーハング、優雅に下降していくルーフラインと、「コンセプト6シリーズクーペ」は“6シリーズの文脈”に忠実で、しかも先代モデルにもまして耽美(たんび)的に見える。面質は現行「5シリーズ」に共通する、リッチな感触のもの。先進性やそれに起因する奇抜さより、熟成や伝統に重きを置いているかのように見える。
そうは言っても、もちろん先進的な試みが盛り込まれており、アダプティブ機構を備えた、BMWとしては初となる総LEDヘッドランプを装着している。

一方、今回が一般初公開となる新型「X3」も観衆を集めていた。従来型よりボリューム感が増し、それに応じてインテリアスペースも広がっている。販売開始当初はディーゼルが「xDrive20d」(184ps)、ガソリンが「xDrive35i」(306ps)というシンプルなラインナップになる予定だ。

「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
「MINIスクーターEコンセプト」。丸いヘッドランプに、カウルの開口部を囲むグリル状のクロームモールなど、四輪のMINIから拝借したデザインモチーフを見つけることができる。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
スマートの「eスクーター」と同様にこちらも電動。プラグはボディの左側に隠れている。
 
BMW/MINIブースの紹介【パリサロン2010】の画像

■MINIの話題は、スクーターとWRC

BMWの隣にあるMINIのスタンドで注目を集めていたのは「MINIスクーターEコンセプト」である。スマートの「eスクーター」と同様に、こちらもリチウムイオンバッテリーを搭載した電動スクーターであり、ヘッドランプやフロントカウルの開口部に、四輪のMINIのデザインモチーフが用いられているのが見どころ。特にメカニズムの詳細や、普及へ向けたビジネス的なシナリオなどは提示されず、デザインスタディ的な展示にとどまった。

そしてもうひとつ、発表されたばかりの「MINIカントリーマン」(日本名「MINIクロスオーバー」)で、MINIがWRC(世界ラリー選手権)へ出場することが明らかにされた。2011年シーズンはスポット参戦となり、翌2012年からフル参戦する。カスタマーチームへ向けた車両の供給は、2010年の秋から始まる予定だ。

(文=webCG竹下)

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場 2016.10.25 自動車ニュース BMWが3リッター直6ターボエンジンを搭載した高性能スポーツクーペ「M2クーペ」に6段MT仕様を設定し、予約受け付けを開始した。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円低い768万円。納車については2017年1月からの予定となっている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る