【スペック】全長×全幅×全高=4255×1790×1285mm/ホイールベース=2495mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(340ps/5900rpm、45.9kgm/1500rpm)/価格=815万円(テスト車=838万4000円/メルボルンレッドメタリック(特別塗装色)=7万5000円/Mライトアロイホイールダブルスポーク・スタイリング326M=15万9000円)

BMW Z4 sDrive35is(FR/7AT)【試乗記】

最後の大輪 2010.10.04 試乗記 BMW Z4 sDrive35is(FR/7AT)
……838万4000円

「Z4」シリーズに、新たに加わった肉食系モデル「sDrive35is」。340psと強心臓と「M Sports」のアシで武装した、その走りは……?

自動車メーカーの元気

「BMW Z4」はカッコいいクルマだ。いま日本で普通に買える自動車のなかで、1、2を争う……というには少々アクが強すぎるけれど、五指には入ると思う。2シータースポーツの古典的なプロポーション「ロングノーズ・ショートデッキ」をわかりやすく採りながら「フレイムサーフェス」と称される、ボディ表面の炎のようなうねりでもって十分に新しさを演出する。しっかり基本を押さえたうえでの新奇、それも2代目になってこなれた感がある。

初代のロードスターとクーペを統合した現行Z4は、屋根を開けても閉めていてもさまになる。20秒ほどでトランクに収納できるリトラクタブルトップは、2人乗りゆえの短いキャビン前後長を生かして、クローズド状態ではいかにもスポーティなルーフラインを形づくる。折りたたまれたトップを収納するトランクの天地が無粋に厚くなっていないのは、スポーツカーという、ある程度まで実用性を犠牲にできるわがままな車種の特権だろう。ただしルーフ収納時の荷室容量は決して広いとはいえないから、おしゃれなカップルの小旅行というよりは、取るモノもとりあえず駆け落ちしたふたり向け……という想像は、あまりに時代がかっているか。豊かなデザインをまとったBMW Z4は、どこか中年男の押し出しの強さを感じさせるクルマである。

試乗したのは肉食系モデルの最右翼「Z4 sDrive35is」。「is」の記号通り、ノーズに押し込まれた3リッター直6ターボは、「sDrive35i」のそれと比較して、34psと5.1kgm大きい340ps/5900rpmの最高出力と45.9kgm/1500rpmの最大トルクを発生する。これだけでも十二分の強心臓だが、さらにアクセルを一気に踏み込めば、一時的に過給圧を上げて51.0kgmまでトルクを太らせる。まさに究極の追い越し加速。バイエルンの発動機メーカーにとってエンジンのチューニングはお手のものだろうが、「オーバーブースト」という機構をアピールするあたり、いかにもクルマ好きの気持ちがわかっているというか、商売上手というか、なにはともあれ自動車メーカーの元気が感じられる。

エンジンは、「sDrive35i」のそれをベースに、専用ターボチャージャーの採用などチューニングを実施。34psと5.1kgmのパフォーマンス向上を遂げた。
エンジンは、「sDrive35i」のそれをベースに、専用ターボチャージャーの採用などチューニングを実施。34psと5.1kgmのパフォーマンス向上を遂げた。
トランクルーム容量は、ルーフ収納時が180リッターで、クローズド時は310リッターとなる。
トランクルーム容量は、ルーフ収納時が180リッターで、クローズド時は310リッターとなる。
アクセルを強く踏み込むと「オーバーブースト機能」が働き、最大トルクが瞬間的に51.0kgmにアップする。
アクセルを強く踏み込むと「オーバーブースト機能」が働き、最大トルクが瞬間的に51.0kgmにアップする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る