第13回:街が変わり、共同体が減る

2010.10.04 エッセイ

第13回:街が変わり、共同体が減る

過疎化、少子高齢化、そして都市のドーナツ化現象。四国を歩くと、いまの日本が抱えるさまざまな問題を、ありのままに見せつけられる。

香川県丸亀市の中心部にあるアーケードの昼下がり。
香川県丸亀市の中心部にあるアーケードの昼下がり。
こちらは香川県坂出市。
こちらは香川県坂出市。

シャッター通りに響き渡る昭和の音

アーケードの中を、恐ろしいほどのボリュームで音楽が流れていた。「ああ、よくマジックショーなんかで聞く曲だ。なんだったっけ? そうポール・モーリアの『オリーブの首飾り』だ!」
その、まさに昭和の音が、ことさら暴力的に激しく耳を圧したのは、アーケード内にある商店の大半が閉まっていたからだ。あちこちで下ろされた冷たい金属シャッターに、音楽が直接反響する一方で、その音を吸収するに足りるだけの歩行者というものがほとんどいない。

そこは香川県丸亀市の駅から続く中央商店街だった。かつては大勢の買い物客でにぎわっていただろうアーケード街は、いわゆるシャッター通りと化し、そこを大音響の古い音楽だけが響き渡るというのは、なんともやりきれない光景だった。

丸亀市だけではない。同県の坂出市、愛媛県の宇和島市も含めて、中都市にある主要商店街の駅前アーケードは、どこも半分以上の店はシャッターに閉ざされたまま、ひどく寂しい状態だった。

もちろんこれは四国だけの話ではない。日本全体でも1970年代以降から顕著になった現象である。またアメリカをはじめとする他の先進国でも、市街地の空洞化と郊外へのスプロールが進行した結果、都市中心部が荒廃するというドーナツ化現象として問題になっている。

それは知識として分かってはいたし、身近にある関東の、シャッター通りと化した商店街も何度も実際に接している。だが、歩き遍路をしながら、何度かこういう商店街に入るたびに、ひときわ寂しい思いがしたものである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。