プジョー/シトロエンブースの紹介【パリサロン2010】

2010.10.01 自動車ニュース
ブース内にはプジョー200年の歴史が展示された。
プジョー/シトロエンブースの紹介【パリサロン2010】

【パリサロン2010】市販予定車を積極アピール、プジョー/シトロエンブース

パリサロンの開催地フランスの一大勢力であるPSAプジョー・シトロエン・グループは、ニューモデル「プジョー508」や「シトロエンC4/DS4」を主役に据えるなど、現実的な展示が印象的だった。

プレゼンのステージ上には2011年初頭に発売予定の「プジョー508」が鎮座する。
プレゼンのステージ上には2011年初頭に発売予定の「プジョー508」が鎮座する。
「プジョー3008ハイブリッド4」
「プジョー3008ハイブリッド4」
「プジョー・イオン」
「プジョー・イオン」

■プジョー200年の歴史を紹介

ホール1の正面入り口近くという特等席に毎回ブースを構えるPSAのプジョーは、ブランド創業200年を迎えたのを機に、ブースのデザインを一新した。
これまではグリーンやベージュを多用したソフトなディスプレイだったが、今年は白を基調としたダイナミックなイメージになった。圧巻は中央にある大きなアーチで、階段には自転車やペッパーミルなど200年間に生み出してきた製品を並べ、歴史をアピールしていた。

巨大なステージを使って行われたプレスカンファレンスの主役は、「407」に代わるミドルクラスセダン「508」だった。ステージ上には白と黒、2台のセダンが姿を現し、周囲にもワゴンの「508SW」を含め数台を並べて、室内などを自由に見られるようにしていた。

近年の自動車メーカーにとって不可避となった環境対策にも熱心で、世界初の市販ディーゼルハイブリッドカー「3008ハイブリッド4」は、カットモデルでメカニズムを分かりやすく紹介。「e-HDi」と呼ぶアイドリングストップつきディーゼル車(マイクロハイブリッド)も数台が展示された。

「プジョーEビバシティ」
「プジョーEビバシティ」
「プジョーHR1」
「プジョーHR1」

■EVクロスオーバーを出展、電動スクーターも

もちろん欧州初の新世代EV(電気自動車)である「三菱i-MiEV」のOEMモデル「iOn(イオン)」も登場。さらに電動車両では大小2種のスクーターも置かれていた。小型の「Eビバシティ」は既存モデルがベースで、2011年に発売するという。今回のショーでは、いままで2輪車を手掛けてこなかったブランド(スマート、MINI)が突然電動スクーターを出して話題になっているが、プジョーの完成度の高さはそれらとは大違い。安全性や信頼性を含めた総合性能で優位に立っていることは、誰の目にも明らかだった。

コンセプトカーでは、少し前に発表されていた2シーターのEVロードスター「EX1」に加え、クーペとSUVのクロスオーバー「HR1」が登場した。「207」よりも小柄なボディは、電動で外側にせり出しながら跳ね上がる2枚のドアがいちばんの特徴だ。
パワートレインは「ハイブリッド4」で、新開発の1.2リッター3気筒ターボエンジンで前輪を、モーターで後輪を駆動する。3気筒エンジンは近い将来、市販車にも搭載される見込みだ。

「シトロエンC4」
「シトロエンC4」
「シトロエンDS4」
「シトロエンDS4」
「シトロエン・ラコステ コンセプト」
「シトロエン・ラコステ コンセプト」

■シトロエンは「ラコステ」とコラボ

シトロエンの展示内容も、ある意味でこのプジョーと近かった。アイオンの姉妹車「C-ゼロ」やアイドリングストップなどで環境対策をアピールしつつ、第2世代の「C4」とDSライン第2弾となる「DS4」を主役に据えたからだ。地元開催ということもあり、華より実を取ったのかもしれない。

ブースはふたつの円を組み合わせた構造で、オープン構造の白いステージにC4、対照的にダークな空間にDS4をディスプレイしていた。2台の性格の違いがひとめでわかる、シトロエンらしいセンスを感じる展示だ。本国では今年末に発売されるC4は508同様、室内をチェックすることもできた。

シトロエンらしさはコンセプトカーに表れていた。ワニのマークでおなじみの「ラコステ」とコラボレーションした、その名も「シトロエン・ラコステ コンセプト」は、昔の「メアリ」を思わせるTバールーフ構造のオープン4シーターで、前に倒せるウインドスクリーンや引き出し式トランクなど遊び心いっぱい。全長3.45mというコンパクトなサイズもうれしい。

もうひとつプジョーと違うのは、WRCの展示があったこと。こちらでは来シーズンに投入される「DS3」ベースのマシンが展示され、その精神を受け継いだ202psの市販スポーツモデル「DS3レーシング」も置かれていた。

(文と写真=森口将之)

2011年のWRC参戦車両となる「シトロエンDS3 WRC」(手前)。
プジョー/シトロエンブースの紹介【パリサロン2010】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。