クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】S63AMGパフォーマンスパッケージ:全長×全幅×全高=5122×1871×1488mm/ホイールベース=3035mm/車重=2120kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8 DOHC32バルブターボ(571ps/5500rpm、91.8kgm/2000-4500rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス【海外試乗記(後編)】

自動車を生み出した存在として(後編) 2010.10.01 試乗記 メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス

「CL」「S」に設定されるAMGモデルにも、新しいパワートレインが搭載された。環境問題に対処しつ
つハイパフォーマンスを実現したという、その走りをリポートする。

思わずのけぞるパフォーマンス

(前編からの続き)
今回は同時にAMGの新パワートレインも試すことができた。今春アナウンスがあった、V型8気筒6.2リッター自然吸気ユニット+7G-トロニックに代わる、V型8気筒5.5リッター直噴ツインターボユニット+AMGスピードシフトMCT-7を搭載する新型「CL63AMG」、そして「S63AMG」だ。スペックは最高出力544ps、最大トルク81.6kgm。さらにパフォーマンスパッケージを選べば571ps、91.8kgmにまで跳ね上がる。

アクセルを踏み込んだとたん「うわっ、こりゃスゴい!」とのけぞったのは、「S63AMGパフォーマンスパッケージ」だ。低速域のトルクも図太いけれど、ターボ付きとはいえ排気量が小さいせいかアクセルのツキは鋭く、低いギアではまさに一気に到達するトップエンドに向けたパワーの盛り上がりは強烈の一言。特に中間加速の伸びはすさまじく、その二次曲線的な勢いは、いかにもターボらしいところと言える。

そのまま踏んでいくと、上は7000rpmあたりまでストレスなく回る。それ自体は十分ではあるのだが、残念なのは回転フィールだけではレッドゾーン近しということを把握しにくいことだ。このあたりが、最後の官能的な伸び切り感で絶頂を味わわせてくれる自然吸気エンジンとの、一番の違いということになる。

「SL63AMG」や「E63AMG」で先に使われている7段MCTのマナーは完璧。心地良いダイレクト感の一方、快適性に一切犠牲を強いていない。アイドリングストップは、こちらにも標準。この手のクルマが信号待ちで静かになるさまは、ちょっと不思議な気分にさせられる。 

ノーマルではもの足りない!?

こんなのに乗った後だと、“ノーマル”の「CL63AMG」の544ps、81.6kgmすら線が細い、なんて感じられてしまう。トップエンドのパワー差を体感するのは難しいが、もはや1000-2000rpmあたりでのアクセルのツキからして違う。もちろん、これ単体で乗っていれば、そんなこと感じないと思うが、パフォーマンスパッケージ装着車試乗の際は気持ちが揺れるのを覚悟しておいた方がいい。

フットワークは「Sクラス」よりも硬めの設定だ。元々ホイールベースが短いこともあり、幾分か引き締まった走りを楽しめる「CLクラス」だけに、まっすぐばかりでなくコーナーの連続する場面でもクルマとの一体感を感じられるのがうれしい。そうそう、旋回時の内輪にブレーキをかけて旋回力を高めるトルクベクトリングブレーキの機能がESPに追加されたことも附記しておこう。

最後に「CL65AMG」にも試乗した。こちらはメカニズム的な変更点はほとんどない。スタート/ストップシステムも未搭載だ。しかしながら、V型12気筒エンジンのフィーリングは、やはり絶品。全開加速すればワープするような勢いを堪能できる一方、普段はとにかく滑らかで豊潤な味わいなのだ。正直に言うと、これを味わってしまうと、V型8気筒でももの足りないと感じてしまったほどである。

【スペック】CL63AMG:全長×全幅×全高=5106×1871×1426mm/ホイールベース=2955mm/車重=2135kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8 DOHC32バルブターボ(544ps/5500rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)(欧州仕様車)
【スペック】CL63AMG:全長×全幅×全高=5106×1871×1426mm/ホイールベース=2955mm/車重=2135kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8 DOHC32バルブターボ(544ps/5500rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)(欧州仕様車)
拡大

メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス【海外試乗記(後編)】の画像 拡大

メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス【海外試乗記(後編)】の画像 拡大

多気筒エンジンもつくり続ける

今回の試乗会では、ダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEOにインタビューする機会があった。聞いたのは、なぜ今この時期に新しいV型8気筒&6気筒なのかということだ。

「1年前には『V型8気筒に未来などない。もう忘れた方がいい』というムードでしたね。あるいは6気筒すらそうだったかもしれません。ですが今、そのようなことは言われません。やはり8気筒でなければというユーザーの方は多く、われわれにはそれに応える義務があります。今回の新型エンジンは、ダウンサイジング、そしてターボによって、それを実現するものです。今後はハイブリッド化なども行われるでしょうが、私たちは8気筒も6気筒もつくり続けますよ」

メルセデス・ベンツは自動車を生み出した存在として、その責任を全力で果たそうとしている。目指しているもの。それはモビリティの自由を守ることであり、環境問題に対処していくことであるのはもちろん、ユーザーの際限ない欲望に応えていくことも含まれている。それこそが自動車の進化の原動力だということを、彼らはその長い歴史の中で、よく理解しているのだ。

この新モデル達は、まず「CLクラス」が晩秋の日本上陸を予定している。ただしスタート/ストップ機構はとりあえずは備わらない。「CL63AMG」「S63AMG」の導入も同じあたり。こちらはスタート/ストップ機構も標準になるというから面白い。一方、「S550」「S350」に関しては、新エンジンの導入はしばらく先となりそうである。
 
(文=島下泰久/写真=メルセデス・ベンツ日本)


メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス【海外試乗記(後編)】の画像 拡大
ダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEO。
ダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEO。 拡大

メルセデス・ベンツCLクラス/Sクラス【海外試乗記(後編)】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事