トヨタのミニバンに特別仕様車ぞくぞく

2010.09.30 自動車ニュース

トヨタ、「エスティマ」などミニバンに特別仕様車

トヨタ自動車は2010年9月30日、「エスティマ」ほか同社のミニバンに特別仕様車を設定し、発売した。

各特別仕様車の内容は、以下のとおり。

■「エスティマ2.4アエラス“20th Anniversary Edition”」

「トヨタ・エスティマ」誕生20周年を記念するもので、ベースグレードは、2.4リッター直4エンジンを積む「アエラス」。

エクステリアは専用の17インチアルミホイールやメッキを施されたドアハンドルで飾られ、専用の20周年記念エンブレムも添えられる。
インテリアは、サイバーカーボン加飾のインストゥルメントパネルやロングスライドコンソールボックスなどを採用。シート表皮も専用で、初代「エスティマ」のイメージカラーを意識した赤いステッチが施される。

価格は、FF車が300万円で、4WD車が321万円。

■「ヴォクシーZS“煌(きらめき)”」

「ヴォクシー」の特別仕様車は、メッキやシルバーメタリック塗装といった“ひかりもの”によるドレスアップがポイント。クールな印象を際立たせたという。

エクステリアで注目なのは、メッキのドアハンドルやリアコンビネーションランプ、高輝度シルバーメタリック塗装を施したグリルやバックドアガーニッシュなど。
デュアルパワースライドドアやスマートエントリー&スタートシステムといった機能も備わる。

価格は、257万円(8人乗り/FF車)から278万9000円(7人乗り/4WD車)まで。

■「ノア X“Smart Edition”」

「ノア X“Smart Edition”」は、「ノア X」をベースに、機能装備を充実させた特別仕様車だ。
デュアルパワースライドドアをはじめ、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、ステアリングオーディオスイッチ、オプティトロンメーター、コンライトなどが与えられる。
メッキのドアハンドルなどでエクステリアも飾られる。

価格は、234万円(8人乗り/FF車)から257万円(7人乗り/4WD車)まで。

■「アイシスPLATANA“Black Limited”」

「アイシス」の特別仕様車は、黒を基調とした、スタイリッシュな内外装に仕立て上げたというもの。

メッキを施した専用フロントグリルやヘッドランプエクステンション、ドアハンドル、リアライセンスガーニッシュなどでエクステリアをドレスアップ。インテリアも、黒木目調のセンターパネルやドアトリム、赤ステッチを施したフロントシート、セカンドシート、本革巻きステアリングホイール、シフトノブなどで飾られる。

1.8リッターモデルと2リッターモデルが用意され、価格は227万円から248万円までとなっている。

(webCG 関)

「エスティマ2.4アエラス“20th Anniversary Edition”」
「エスティマ2.4アエラス“20th Anniversary Edition”」
「ヴォクシーZS“煌(きらめき)”」
「ヴォクシーZS“煌(きらめき)”」
「ノア X“Smart Edition”」
「ノア X“Smart Edition”」
「アイシスPLATANA“Black Limited”」
「アイシスPLATANA“Black Limited”」

関連キーワード:
エスティマヴォクシーアイシストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る