サーブ、BMWエンジンを採用へ

2010.09.30 自動車ニュース

サーブ、BMWエンジンを2012年ニューモデルに採用

独BMWグループは2010年9月29日、スウェーデン サーブにエンジンを供給すると発表した。

BMWからサーブに供給されるエンジンは、4気筒ガソリンエンジン。オート・スタート・ストップ機能など、最新の燃費削減技術を搭載するとうたわれるユニットで、2012年より納入が始まるという。
サーブは2012年に「9-3」(現行モデルは2リッター直4ターボエンジンなどを搭載)のモデルチェンジを予定していることから、同モデルへの採用が考えられる。

BMWは「Number ONE戦略」の一環として、パワートレインシステムの展開を全世界に拡大する取り組みを進めており、今回のサーブとの契約もその一つとなる。なお、BMWはPSAプジョー・シトロエングループとともに1.6リッター直4エンジンを開発した実績があり、現在では「プジョー207」や「シトロエンC5」など多くの車種に採用されている。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
9-3スポーツセダンサーブBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • サーブ9-3シリーズ【海外試乗記】 2007.8.30 試乗記 サーブ9-3シリーズ

    ビッグマイナーチェンジによってフロントマスクが大きく変更され、新たに4WDモデルが加わった「サーブ9-3」。日本導入を前に本国スウェーデンで試乗した。
  • サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)【試乗記】 2008.3.7 試乗記 サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)
    ……615万9000円

    フロントマスクが大胆で力強い印象になった新型「サーブ9-3」。スポーツサスペンション搭載のトップグレード「エアロ」で乗り心地を試す。
ホームへ戻る