サーブ、BMWエンジンを採用へ

2010.09.30 自動車ニュース

サーブ、BMWエンジンを2012年ニューモデルに採用

独BMWグループは2010年9月29日、スウェーデン サーブにエンジンを供給すると発表した。

BMWからサーブに供給されるエンジンは、4気筒ガソリンエンジン。オート・スタート・ストップ機能など、最新の燃費削減技術を搭載するとうたわれるユニットで、2012年より納入が始まるという。
サーブは2012年に「9-3」(現行モデルは2リッター直4ターボエンジンなどを搭載)のモデルチェンジを予定していることから、同モデルへの採用が考えられる。

BMWは「Number ONE戦略」の一環として、パワートレインシステムの展開を全世界に拡大する取り組みを進めており、今回のサーブとの契約もその一つとなる。なお、BMWはPSAプジョー・シトロエングループとともに1.6リッター直4エンジンを開発した実績があり、現在では「プジョー207」や「シトロエンC5」など多くの車種に採用されている。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る