シトロエン、C4ピカソに小変更【パリサロン2010】

2010.09.29 自動車ニュース

【パリサロン2010】シトロエン、「C4ピカソ」のマイナーチェンジモデルを発表

シトロエンは、2010年9月30日に開幕するパリサロンに、「C4ピカソ」のマイナーチェンジモデルを出展する。

シトロエンの「C4ピカソ」は2006年に登場、翌年には3列シート仕様の「グランドC4ピカソ」が追加された。ちなみに日本で販売されている「C4ピカソ」は、欧州では「グランドC4ピカソ」と呼ばれるロングボディ仕様のほう。2モデルをあわせた全世界の累計販売台数は、約65万台に達するという。

今回は、マイナーチェンジでフロントまわりを化粧直し。フロントバンパー、ヘッドランプ、リアコンビランプなどが変更された。中級以上のグレードでは、LEDのポジションランプやクロームのサイドウィンドウシル&リアバンパーストライプが採用された。

さらに「エクスクルーシブ」と呼ばれる最上級モデルでは、ルーフやAピラーに光沢のあるブラック塗装を施した「ブラックトップ」がオプションで選べるようになった。これを選択した場合、ドアハンドル、ドアミラー、ホイールのセンターキャップがツヤのある黒で統一される。

内装には、中級以上のグレードに、リアパーキングセンサーや電動格納式ミラー、USB接続端子などが追加された。

エンジンバリエーションは、出力の異なる2種類の1.6リッターガソリンと、1.6リッターまたは2リッターのディーゼルが設定される。そのうちディーゼルモデルには、ストップ&スタート機能やエネルギー回生機能を備えた「e-HDiマイクロハイブリッドテクノロジー」が採用される。

(webCG 曽宮)

「シトロエン・グランドC4ピカソ」(日本名:「C4ピカソ」)
「シトロエン・グランドC4ピカソ」(日本名:「C4ピカソ」)

シトロエン、C4ピカソに小変更【パリサロン2010】の画像

シトロエン、C4ピカソに小変更【パリサロン2010】の画像
シトロエン、C4ピカソに小変更【パリサロン2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る