【スペック】全長×全幅×全高=4915×1860×1490mm/ホイールベース=2970mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(204ps/6300rpm、25.5kgm/2750-3000rpm)/価格=640万円(テスト車=714万3000円/Hi-Lineパッケージ(ダコダレザーインテリア+フロントシートヒーティング+電動フロントシート)=39万円/オートマチックテールゲートオペレーション=8万1000円/電動パノラマガラスサンルーフ=21万5000円/ラゲージコンパートメントパッケージ=5万7000円)

BMW523iツーリング(FR/8AT)【試乗記】

戻って正解 2010.09.29 試乗記 BMW523iツーリング(FR/8AT)
……714万3000円

セダンに続いて日本で販売が始まった、新型「BMW5シリーズツーリング」。最も新しいワゴンの実力は、どれほどのものなのか? エントリーグレード「523iツーリング」で試した。

一発で、コロリ

「恋に落ちるまで、わずか3秒。あとの4分57秒は、深い絆(きずな)でむすばれるために必要な時間です。」
そんな歯が浮くような(失礼!)フレーズが太字で記載されるのが、新しいBMW5シリーズの立派なカタログである。「ニューBMW5シリーズセダンを初めて体験する、5分間。」と題して、「0分07秒 ドアハンドルに手をかける」から深い絆で結ばれるまでが経過時間とともに解説される。

どこかむずがゆい気持ちを逆手にとって(?)、「では、ワゴンと恋に落ちるのはどれくらいか」と思いながら「5シリーズツーリング」のプレス試乗会に参加した。3秒でした。……というのはウソだが、なるほど、スターターボタンを押してエンジンをかけ、ハンドルを握って走りはじめたとたん、いや、遅くとも駐車場から公道に出る段差を越えるときまでには「BMW5シリーズツーリング」と恋に落ちていた。「シルキースムーズ」というあまりに月並みな、皆が感じるからこそ月並みになるのだが、いまや珍しい形式となったストレート6の粒がそろったエンジン音と、「これぞ高級車」といわんばかりの重厚な乗り心地、そして豪華な内装にあっけなくノックアウトされた。

セダンに遅れること約半年。「523i/528i/535iツーリング」の3グレードで構成されるワゴンボディのラインナップのうち、まずは2.5リッターNAを搭載した「523iツーリング」が日本に入れられた。希望小売価格は、先代「525iツーリング」の675万円よりわずかに安い640万円。とはいえ、恋に落ちたからといってすぐには結びつけない、高嶺(たかね)の花であることに変わりはない。

リアのコンビランプは、兄貴分の「7シリーズ」などとおそろいのデザイン。そのうえに「4つ★マーク」があるとおり、「523iツーリング」はエコカー減税(50%減税)の対象となっている。
リアのコンビランプは、兄貴分の「7シリーズ」などとおそろいのデザイン。そのうえに「4つ★マーク」があるとおり、「523iツーリング」はエコカー減税(50%減税)の対象となっている。
センターコンソールが7度運転席側を向く、ドライバーオリエンテッドなインテリア。写真の革内装はオプションで、「ダイアゴナルクロスシート」が標準となる。
センターコンソールが7度運転席側を向く、ドライバーオリエンテッドなインテリア。写真の革内装はオプションで、「ダイアゴナルクロスシート」が標準となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その10) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。BMWは新型「5シリーズ」のワゴンバリエーション「5シリーズ ツーリング」を世界初公開。BMWアルピナは「B5ビターボ」を披露した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ポルシェが「パナメーラ スポーツツーリスモ」の予約受注を開始 2017.4.5 自動車ニュース ポルシェ ジャパンが、ジュネーブショーでお披露目された「パナメーラ」のワゴンモデル「パナメーラ スポーツツーリスモ」の価格を発表した。価格は1297万3000円から2453万3000円。4月7日に予約受注が開始される。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る