トヨタ、ダイハツの軽をOEM販売

2010.09.28 自動車ニュース

トヨタ、ダイハツの軽をOEM販売

トヨタ自動車は2010年9月28日、ダイハツ工業から軽乗用車のOEM供給を受け、国内で販売すると発表した。

今回の決定は、「トヨタのお客様の中にも軽自動車を要望される方が増加している」(プレスリリース)という判断に基づくもの。市場のニーズに迅速に対応すべく、既存のカローラ店、ネッツ店、さらに軽自動車比率の高い地域ではトヨタ店やトヨペット店においても取り扱いを予定している。

対象となるモデルは3車種が想定されており、2011年の秋以降順次導入。その規模は年間6万台になるとのこと。

親子の関係にある両社は今後、HVやEVといった環境技術の分野においても協力関係を模索するという。

(webCG)

写真は「ダイハツ・タント」。一年後、トヨタのカタログには3種のダイハツ製軽乗用車が並ぶことになる。
写真は「ダイハツ・タント」。一年後、トヨタのカタログには3種のダイハツ製軽乗用車が並ぶことになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。