MINI、電動スクーターを初披露【パリサロン2010】

2010.09.28 自動車ニュース

【パリサロン2010】MINI、電動スクーターとディーゼルモデルで環境性能をアピール

独BMWは、2010年9月30日に開幕するパリサロンにMINIのブースを開設。電動スクーターのスタディ「MINIスクーター E コンセプト」やディーゼルエンジン搭載の「MINIクラブマン/コンバーチブル」を披露する。

■どれも個性派、環境型

すでに世界各地でEVの実証実験を手がけるMINIが、さらに手軽なゼロエミッションモビリティとしてパリサロンで提案するのが「MINIスクーター E コンセプト」だ。
未来志向のフォルムにMINIらしさを加えたデザインが特徴で、電動パワートレインがもたらす機敏な走りも、MINIのブランドイメージにぴったり合う。

「サステイナブルとドライビングプレジャーの両立」を主張するモデルは、他にも用意されている。MINIは低燃費・高性能を誇る4気筒ディーゼルエンジンをロングボディの「クラブマン」とオープンモデル「コンバーチブル」にも拡大。「MINIクーパー D コンバーチブル」と「MINI ONE D クラブマン」がこのパリサロンで御披露目となる。
「MINIクーパー D コンバーチブル」の場合、EUモード燃費が25.0km/リッター、CO2排出量は105g/kmを達成する。

さらに、2011年の世界ラリー選手権(WRC)に投入が予定される「MINIクロスオーバー」のコンペティション仕様も展示。これはプロドライブ社と共同開発中の車両で、今秋にもテスト走行が予定され、車両完成後、プライベートチームに車両が提供されるということだ。

他にも、iPhoneを核とした車載エンターテインメントシステムなどを展示の予定。いずれも、個性的なブランドをめざすMINIにふさわしいものばかりだ。

(文=生方聡)

「MINIスクーター E コンセプト」
「MINIスクーター E コンセプト」

MINI、電動スクーターを初披露【パリサロン2010】の画像
「MINI ONE D」と「MINI ONE D クラブマン」、「MINIクーパー D コンバーチブル」。
「MINI ONE D」と「MINI ONE D クラブマン」、「MINIクーパー D コンバーチブル」。
「MINIカントリーマン WRC」(日本名:MINIクロスオーバー)
「MINIカントリーマン WRC」(日本名:MINIクロスオーバー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。