BMWのコンパクト116iに特別仕様車

2010.09.28 自動車ニュース

BMW1シリーズに、快適装備たっぷりの特別仕様車

BMWジャパンは、BMWのコンパクトモデル「1シリーズ」に、特別仕様車「116i Smart Selection(スマートセレクション)」を設定。2010年9月28日に発売した。

「116i スマートセレクション」は、「1シリーズ」のエントリーグレード「116i」をベースに、快適装備を盛り込んだ特別仕様車。
具体的には、バイキセノンヘッドライトや、サンプロテクションガラス、さらにフロントシートヒーティングやラゲージルームネットなどが加えられる。

通常、フロントシートヒーティングなどとともに27万円のセットオプション「Hi-Line パッケージ」として扱われる「ボストンレザー(ベージュ)」も、14万円の単品オプションとして提供される。

価格は、ベースモデルより16.0万円アップの、315.0万円。190台限定の販売となる。

(webCG 関)

「BMW116i スマートセレクション」
「BMW116i スマートセレクション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る