シトロエン、新型「C4」などを出展【パリサロン2010】

2010.09.28 自動車ニュース

【パリサロン2010】シトロエン、新型「C4」などを出展

仏シトロエンは、2010年9月30日に開幕するパリサロンに、新型「C4」やコンセプトカー「シトロエン ラコステ コンセプトカー」、電気自動車「C-ZERO」などを出展する。

■新型「C4」がデビュー

シトロエンの出展車のなかで、最注目の市販モデルは、新型「C4」だ。従来モデルよりさらに凝ったデザインが採用され、個性がさらに強められた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4329×1789×1491mm。衝突安全性を向上させながら、サイズの拡大は必要最小限におさえたという。

新型C4では、ストップ&スタート機能やエネルギー回生機能を備えた「e-HDiマイクロハイブリッド」搭載車がデビュー時から設定される。このe-HDiマイクロハイブリッド技術はC4のほか、「C4ピカソ」をはじめとする他シリーズにも順次搭載される見通しだ。

■ラコステとのコラボレーション

コンセプトカーの「シトロエン ラコステ コンセプトカー」は、その名のとおり、フランスのファッションブランド「LACOSTE」とのコラボレーションから生まれたコンセプトカーだ。多くの要素を求め、大きく重くなってしまった従来の自動車作りとは決別し、シンプルで軽やかなクルマが目指された。

既存のセダンやハッチバックなどといった枠組みにとらわれず、新しい発想でデザインされたコンセプトカーは、開放感あふれる4人乗り。そのクリーンなイメージには、次世代パワートレインが似合いそうだ。

■「i-MiEV」のシトロエン版

三菱自動車の電気自動車「i-MiEV」がPSAグループにOEM供給されることは以前から話題となっていたが、その市販モデルがパリサロンでお披露目される。プジョーブランドで販売される「iOn」(アイオン)とシトロエンブランドの「C-ZERO」(シーゼロ)は、2010年10月から国内の三菱自動車の工場で生産が開始され、2010年末に欧州で販売が開始される予定。基本コンポーネントはi-MiEVと同じだが、それぞれ専用のボディパネルが採用される。また、欧州向けモデルは左ハンドル仕様となる。

(webCG 曽宮)

新型「シトロエンC4」
新型「シトロエンC4」
シトロエン、新型「C4」などを出展【パリサロン2010】の画像
「シトロエン ラコステ コンセプトカー」
「シトロエン ラコステ コンセプトカー」

シトロエン、新型「C4」などを出展【パリサロン2010】の画像
「シトロエン C-ZERO」
「シトロエン C-ZERO」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • DS 5にディーゼルモデル「BlueHDi」が登場 2017.1.11 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「DS 5」にディーゼルエンジン搭載モデル「BlueHDi」を設定。180ps/3750rpmの最高出力と40.8kgm/2000rpmの最大トルクを発生する2リッターディーゼルターボエンジンを搭載している。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ボルボ車誕生90周年を記念した「V40」の限定車発売 2016.12.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年12月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「T3 Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、2017年1月3日に発売すると発表した。200台限定の販売となる。
ホームへ戻る