第12回:高速道路を考える(その2)〜道路は幸せを運ぶのか?

2010.09.27 エッセイ

第12回:高速道路を考える(その2)〜道路は幸せを運ぶのか?

有効に使われていない高速道路でも、人々を幸せにすることがある。そんなことまで感じた四国の旅だったが、道路は必ずしも幸福を運んでくるとは限らない。

宇和島郊外で、突如出現した建築中の高速道路用橋脚。2009年春。
第12回:高速道路を考える(その2)〜道路は幸せを運ぶのか?
同じ建設現場の1年後。一部の斜面が整備されただけで、道路自体の建設は、驚くほど進んでいない。
第12回:高速道路を考える(その2)〜道路は幸せを運ぶのか?

問題が入り乱れる地方高速

前回書いたように、四国では道路は完全に北側に偏っており、今、あわてて南側、主として高知県全体部分と、愛媛県の南西で工事が行われている。
そして前回も触れたように、その道路普及の格差は、まずは明らかに経済優先と、道路行政上の収益効率(そしてある種の政治的利権)の上に成立している。
さらに加えるなら、もっと根底に、本当にあれだけ立派な自動車専用高速道路が必要なのかという問題もある。

実は今回、そこまで深く触れるつもりはないし、実際に四国をちょっと歩いただけでは語れない。上記のことは四国に限ったことではなく日本全体の問題だし、現在それを取り巻く状況があまりに複雑になっていて、そう簡単に結論づけたり断言したりするわけにはいかないからだ。

ご存じのとおり、麻生首相時代の自公政権は休日1000円というシステムを導入し、一方、民主党主導で「社会実験」の名目の下に一部高速道路の無料化を試している。それは景気浮揚の一面もあれば、各方面からの圧力をかわすという狙いもあるし、当然政権の人気取りという側面も否定できない。

さらには小泉政権以来の道路公団民営化問題、あるいは道路特定財源の使途方法などもからんでいる。一方では他の運輸業界とのせめぎ合い、環境問題から、国家の財政赤字問題にいたるまで、あらゆる要素が道路をめぐって錯綜(さくそう)して、いま、地方における高速道路の是非うんぬんだけを取り上げて考えるわけにはいかない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大川 悠

大川 悠

1944年生まれ。自動車専門誌『CAR GRAPHIC』編集部に在籍後、自動車専門誌『NAVI』を編集長として創刊。『webCG』の立ち上げにも関わった。現在は隠居生活の傍ら、クルマや建築、都市、デザインなどの雑文書きを楽しんでいる。