第15戦シンガポールGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.09.26 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第15戦シンガポールGP、アロンソ2連勝でランキング2位に浮上

F1世界選手権第15戦シンガポールGP決勝が、2010年9月26日、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地コース(5.073km)を 61周して行われた。

フリー走行ではレッドブル優位かにみえたが、予選、決勝で形勢が逆転。フェラーリのフェルナンド・アロンソが、2戦連続となる今シーズン2度目のポールポジションを獲得し、レースでは2度のセーフティカーをものともせず、僅差の接戦を制し2連勝を達成した。アロンソはマーク・ウェバーと並ぶ今季最多の4勝目をマークし、チャンピオンシップでは3位から2位に浮上した。

2位はレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。終盤にかけてトップのアロンソとファステストラップを連発しあったが、予選での失敗が後を引き、0.2秒差で競り負けた。
3位はレッドブルのウェバー。予選5位から上位を狙うため、レース3周目のセーフティカーを利用し早々にピットイン、この作戦が奏功しチャンピオンシップでのリードを拡げることに成功した。

マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンは予選と同じ4位でフィニッシュ。マクラーレンはレッドブル、フェラーリにまったく歯が立たなかった。メルセデスのニコ・ロズベルグは7位スタートから5位に終わった。
ウィリアムズ・コスワースはルーベンス・バリケロ6位、ニコ・ヒュルケンベルグ9位と2戦連続のダブル入賞。ルノーのロバート・クビサは、レース終盤にタイヤ交換を余儀なくされ12位までドロップしたが、その後はニュータイヤで勢いづいてオーバーテイキングショーを披露、7位でチェッカードフラッグを受けた。

フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティル8位、10位は予選のエンジントラブルで最後尾からスタートしたフェラーリのフェリッペ・マッサだった。

以下、11位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、12位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、13位ミハエル・シューマッハー(メルセデス)、14位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、15位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン・コスワース)、16位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)が完走となった。

ウェバーはポイントを202点とし、2位にあがった191点のアロンソに11点の差をつけトップを守った。マクラーレンのルイス・ハミルトンは2戦連続のリタイアで痛恨の無得点、182点のまま2位から3位に落ち、トップとの差も20点に拡大した。ベッテルは5位から4位に上昇し、ハミルトンの1点後方につけ、5位バトンは首位から1勝分の25点離された。
コンストラクターズチャンピオンシップでは1位レッドブル383点、2位マクラーレンは離され359点、3位フェラーリは追い上げて316点となった。

【追加更新】
レース後、8位に終わったエイドリアン・スーティルに20秒加算のペナルティが科された。オープニングラップでコースを外れた際にアドバンテージを得た、とスチュワードが判断したためだ。この結果、スーティルは10位に下がり、ニコ・ヒュルケンベルグが8位、フェリッペ・マッサは9位に繰り上がった。またフェラーリの総ポイントは317点となった。

さらにスーティルへのペナルティの後、ニコ・ヒュルケンベルグにも20秒加算が言い渡された。スーティルの所属するフォースインディアの抗議を受けて決断されたもので、同様にコースカットによるアドバンテージが理由とされる。これで順位は、8位マッサ、9位スーティル、10位ヒュルケンベルグとなり、フェラーリはポイントを319点とした。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。