第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快チューニング・パーツメーカー発見

2010.09.25 エッセイ

第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快チューニング・パーツメーカー発見

アウトバーン沿いの、気になるサイン

ボクが住むイタリアで、チューニングファンのお兄さんたちが乗っているクルマのベース車両はというと、「フォード・フィエスタ」や「オペル・コルサ」、そして「プジョー206」あたりだ。だが、ところ変われば……というのが、今回のお話である。

オーストリア西部、エッツタール渓谷を東西に貫くアウトバーンA12号線を通るたび、巨大な建物があることに気づいていた。ロッペンという村の近くだ。建物には「MS DESIGN」と大きく書かれている。
「これは、きっとクルマ系に違いない」と嗅覚(きゅうかく)を働かせたボクは、ある日次のインターで下りてみることにした。ちなみにオーストリアのアウトバーンは、10日間有効の通行証さえ買っておけば、何回でも乗り降り自由なのがうれしい。

たどり着いたMSデザイン社は山のふもとにあった。一見、フィアットのショールームである。しかしそれにしては自社ロゴがデカい。恐る恐るショールームのドアを開ける。
「あのぉ〜こちらはナンのお店ですか?」という疑問は、そんなボクでも快く迎えてくれた広報のリカルドさんによって次第に解けてきた。

MSデザインは、チューニング&ドレスアップ用パーツの製造元だったのだ。もともとはさかのぼること27年前の1983年、従業員たった2人で創業したオペルとスズキの地元販売店が始まりだという。それから3年後の1986年にはチューニング業を開始。年ごとに射出成型、研磨、塗装と、自社設備を充実させていった。そして現在は、グループで従業員約295人を誇る会社にまで成長したという。

ちなみにオーストリアは、そののどかなイメージとはうらはらに、アウトバーンでも一般道でもチューニングカーをたびたび見かける。雑誌スタンドでは隣国ドイツのも含め、チューニング系自動車誌が売られている。たしかに、欧州屈指の良く整備された道路は、それらを走らせるのにもってこいであることも事実だ。また、大都市以外は、ほぼ山岳地の国である。若者にとって、チューニングやドレスアップは、エキサイティングなホビーのひとつなのだ。

MSデザインのショールーム。レセプションに置かれた「フィアット・トポリーノ」。
第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快パーツメーカー発見
MSデザインによる2台の「フィアット500」。
第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快パーツメーカー発見
突然の訪問にもかかわらず、案内してくれた広報のリカルド・リープシャーさん。
第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快パーツメーカー発見
MSデザイン本社ショールーム。
第161回:「トヨタ」から「ヒュンダイ」まで、痛快パーツメーカー発見

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。