新型レンジローバー、4万ドルから【パリサロン2010】

2010.09.24 自動車ニュース

【パリサロン2010】新型レンジローバー「イヴォーク」、パリサロンに登場

英ランドローバーは2010年9月22日、同月30日に開幕するパリサロンに、ニューモデル「レンジローバー イヴォーク」を出展すると発表した。

エヴォーク(EVOQUE)あらため「イヴォーク」は、2008年1月のデトロイトショーで初公開されたコンセプトカー「LRX」の市販バージョン。
重く、大きく、タフなイメージの「レンジローバー」ブランドにあって、「史上最も小さく、軽く、燃料消費の少ないモデル」というのが商品としてのキモである。

その最大の特徴は、「スポーティでスタイリッシュな、プレミアムコンパクトSUVというセグメントを定義するクルマ」とランドローバー社が評するように、(SUVモデルにしては)シャープでスタイリッシュな2ドアボディをもつことだ。
インテリアも、従来の「レンジローバー」に比べ低めの着座位置をとるもので、よりスポーティなフィーリングをドライバーに提供。そのシート表皮やインストゥルメントパネルにはソフトで上質な革が用いられ、ユーザーの好みに応じてカスタマイズすることもできるという。

エンジンには、可変バルブタイミング機構をもつ、240psの2リッター直噴ターボユニット「Si4」が採用される。
路面状況に合わせてエンジンから足まわりまでセッティングを変更する、同社自慢の「テレイン・レスポンス」システムも最新のものが与えられ、持ち前のフルタイム4WDシステムとあわせて、さまざまな地形で卓越した走破性を見せるとランドローバーも胸を張る。

ときに“四駆のロールス・ロイス”と評されるレンジローバーの一員らしく、高級オーディオメーカー メリディアンと共同開発した17スピーカーのサウンドシステムや、パーキングアシストシステム、シート&ステアリングヒーターなど、数々の快適装備も用意される。

そんな「イヴォーク」の発売時期は、2011年の夏。スタート価格は、アメリカ市場で4万ドル(邦貨にして340万円)が予定されている。

(webCG 関)

「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」
レンジローバー イヴォーク、パリでお披露目【パリサロン2010】

レンジローバー イヴォーク、パリでお披露目【パリサロン2010】

レンジローバー イヴォーク、パリでお披露目【パリサロン2010】

レンジローバー イヴォーク、パリでお披露目【パリサロン2010】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
ホームへ戻る