アウディTT改良 パワーも燃費も向上

2010.09.24 自動車ニュース
「アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ」
アウディTT、改良でパワーアップ&燃費向上

「アウディTT」改良でパワーアップ&燃費向上

アウディジャパンは2010年9月24日、「TTクーペ/ロードスター」にエンジンを改良するなどの変更を施し、販売を開始した。

 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像
 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像

■燃費10%アップ

今回の変更は、本国ドイツでは2010年4月に発表された内容で、眼目はエンジンの環境性能アップとエクステリアのリフレッシュである。

手が加えられたエンジンは、「TTクーペ/ロードスター」に搭載される2リッター直噴ターボユニット。新たに、可変バルブリフト制御をする「AVS(アウディバルブリフトシステム)」を採用することで、最高出力は211ps(+11ps)に、最大トルクは35.7kgm(+7.1kgm)へと向上した(カッコ内は従来比)。
一方で燃費は、12.0km/リッターから13.2km/リッターへと約1割改善された(TTクーペ2.0TFSI)。

トランスミッションは変更がなく、6段Sトロニックが組み合わされるが、「TTロードスター」の駆動方式はFFから4WD、すなわち「クワトロ」に変更された。

なお、ハイチューン版の2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「TTSクーペ」に関しては、出力等の変更はない。

 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像
「アウディTTSクーペ」のシングルフレームグリルは、水平ラインを強調したデザインとなった。
「アウディTTSクーペ」のシングルフレームグリルは、水平ラインを強調したデザインとなった。

■プローブ情報が利用可能に

エクステリアにおいては、「TTSクーペ」に採用されていたヘッドランプ内のLEDポジショニングランプが、「TTクーペ/ロードスター」にも与えられ、前後バンパーデザインも改められた。さらに、「TTクーペ/ロードスター」「TTSクーペ」のシングルフレームグリルも新意匠に。ボディカラーには4色、インテリアカラーにも2色が新設定されている。

標準装備されるカーナビは、他車と渋滞情報などを共有できるプローブ情報システムを搭載。グーグルマップ「ローカル検索」が利用可能なSDナビゲーションシステムとなったことも新しい。

価格は以下のとおり。

・TTクーペ2.0 TFSI(FF/6AT):460.0万円
・TTクーペ2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT):519.0万円
・TTロードスター2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT):534.0万円
・TTSクーペ(4WD/6AT):693.0万円

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
TTクーペTTロードスターTTSクーペアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る