アウディTT改良 パワーも燃費も向上

2010.09.24 自動車ニュース
「アウディTTクーペ2.0 TFSIクワトロ」
アウディTT、改良でパワーアップ&燃費向上

「アウディTT」改良でパワーアップ&燃費向上

アウディジャパンは2010年9月24日、「TTクーペ/ロードスター」にエンジンを改良するなどの変更を施し、販売を開始した。

 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像
 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像

■燃費10%アップ

今回の変更は、本国ドイツでは2010年4月に発表された内容で、眼目はエンジンの環境性能アップとエクステリアのリフレッシュである。

手が加えられたエンジンは、「TTクーペ/ロードスター」に搭載される2リッター直噴ターボユニット。新たに、可変バルブリフト制御をする「AVS(アウディバルブリフトシステム)」を採用することで、最高出力は211ps(+11ps)に、最大トルクは35.7kgm(+7.1kgm)へと向上した(カッコ内は従来比)。
一方で燃費は、12.0km/リッターから13.2km/リッターへと約1割改善された(TTクーペ2.0TFSI)。

トランスミッションは変更がなく、6段Sトロニックが組み合わされるが、「TTロードスター」の駆動方式はFFから4WD、すなわち「クワトロ」に変更された。

なお、ハイチューン版の2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「TTSクーペ」に関しては、出力等の変更はない。

 
アウディTT改良 パワーも燃費も向上の画像
「アウディTTSクーペ」のシングルフレームグリルは、水平ラインを強調したデザインとなった。
「アウディTTSクーペ」のシングルフレームグリルは、水平ラインを強調したデザインとなった。

■プローブ情報が利用可能に

エクステリアにおいては、「TTSクーペ」に採用されていたヘッドランプ内のLEDポジショニングランプが、「TTクーペ/ロードスター」にも与えられ、前後バンパーデザインも改められた。さらに、「TTクーペ/ロードスター」「TTSクーペ」のシングルフレームグリルも新意匠に。ボディカラーには4色、インテリアカラーにも2色が新設定されている。

標準装備されるカーナビは、他車と渋滞情報などを共有できるプローブ情報システムを搭載。グーグルマップ「ローカル検索」が利用可能なSDナビゲーションシステムとなったことも新しい。

価格は以下のとおり。

・TTクーペ2.0 TFSI(FF/6AT):460.0万円
・TTクーペ2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT):519.0万円
・TTロードスター2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT):534.0万円
・TTSクーペ(4WD/6AT):693.0万円

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る