新型BMW5シリーズツーリング発売

2010.09.24 自動車ニュース
新型「BMW5シリーズツーリング」(写真は欧州仕様車)
新型BMW5シリーズツーリング発売

新型「BMW5シリーズツーリング」、販売開始

BMWジャパンは2010年9月24日、新型「BMW5シリーズツーリング」の受注を開始した。

 
新型BMW5シリーズツーリング発売の画像
 
新型BMW5シリーズツーリング発売の画像
 
新型BMW5シリーズツーリング発売の画像

■荷室、充実

新型「BMW5シリーズセダン」が2010年3月に日本で発売されてから、半年。そのワゴンバージョンの受注が始まった。

伸びやかなボンネットにショートオーバーハング、長いホイールベースを特徴とするエクステリアは、(ワゴン特有のラゲッジスペースを除いては)基本的にセダンのそれを踏襲。ボディサイズもセダンとほとんど変わらない、全長×全幅×全高=4915×1860×1490mm(ホイールベース=2970mm)で、先代の「5シリーズツーリング」と比べると、幅と高さはほぼそのまま、60mm長い仕上がりだ。
インテリアも、運転席側に7度傾けられたセンターコンソールなど、セダンに準じた造りになっている。

セダンにはない最大のセリングポイント=ラゲッジスペースは、その広さと多機能が自慢だ。5名乗車時で560リッターの容量は、4:2:4の割合で分割できるリアシートを倒せば、先代モデルより55リッター多い1670リッターまで拡大可能。フロアボードの下にも収納スペース(アンダーフロアストレージ)をもち、さらに、前席乗員の安全を確保するための「ラゲージパーティションネット」も標準で備わる。
リアハッチの開閉は、リモコン操作も可能な電動式。小さな荷物の出し入れが容易になるよう、リアガラスのみ開閉することもできる。
さらに、リアシートバックレストの角度調整が最大11度まで可能となり、荷室容量を最大で30リッター増やせる「ラゲージコンパートメントパッケージ」など、オプションも用意される。

そんな新型「5シリーズツーリング」のラインナップは、「523iツーリング」(2.5リッター直6NA/204ps、25.5kgm)、「528iツーリング」(3リッター直6NA/258ps、31.6kgm)、「535iツーリング」(3リッター直6ターボ/306ps、40.8kgm)の3種類で、セダンの最上級グレードになっている4.4リッターV8ターボモデルは用意されない。
なお、エントリーグレードの「523iツーリング」は、エコカー減税(50%)の対象車だ。

 
新型BMW5シリーズツーリング発売の画像
 
新型BMW5シリーズツーリング発売の画像

全車、トランスミッションは8段ATで、右ハンドルのみの設定。駆動方式はFR。後輪の操舵(そうだ)とシンクロする「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」や「ブレーキエネルギー回生システム」など、走りの目玉となるハイテクは、セダン同様。
ただし、リアサスペンションには、セダンと異なり、積載時のセルフレベリング機能を備えるエアサスペンションが採用されている。

価格は、以下のとおり。

・523iツーリング:640.0万円
・528iツーリング:745.0万円
・535iツーリング:865.0万円

なお、納車開始時期は約1カ月後、2010年11月とのこと。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る