750hpのアストン、「One-77」が生産間近

2010.09.22 自動車ニュース
アストン・マーティン One-77
750hpのアストン、One-77が生産間近

【Movie】750hpのアストン・マーティン、「One-77」が生産間近

英アストン・マーティンは2010年9月21日、新型のスーパースポーツ「One-77」が生産段階に入ったと発表した。

「アストン・マーティン One-77」は、77台のみ生産が予定される、同社の最上級スポーツカー。過去9カ月の開発期間を経て生産段階にこぎ着けたという今回、クルマに関する新たな情報が公開された。

アストン・マーティンによれば、この特別なスーパースポーツに搭載される心臓は、750hp、76.5kgmを発生する7.3リッターのV12ユニット。現在カタログモデルに見られる同社の6リッターV12に比べ2割以上も排気量の大きなパワーユニットは、自然吸気エンジンのなかで世界一パワフルなものとうたわれる。

ただし、クルマそのものの開発手法は、アストンが手がける他モデルと変わりなく、耐熱テストや耐寒テスト、さらにニュルブルクリンク北コースなどのタフなコースにおける走りこみを経たものだという。

今年の春には、ロンドン〜シルバーストーンサーキット間のパレードで実際に路上を走った「One-77」。アストン・マーティンのCEOウルリッヒ・ベッツ博士によれば、現在クルマは生産を前に細部を煮詰める段階にあり、2011年初頭にはデリバリーが始まるとのことだ。

なお、その走りは、『Youtube』内に設けられたアストンの動画サイトでも見ることができる。

http://www.youtube.com/astonmartin

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。