最速・最軽量のマセラティがデビュー【パリサロン2010】

2010.09.22 自動車ニュース

【パリサロン2010】「マセラティ・グラントゥーリズモ」に、さらにホットな「MCストラダーレ」登場

伊マセラティは2010年9月20日、同月30日に開幕するパリサロンに、スーパースポーツモデル「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」を出展すると発表した。

「グラントゥーリズモMCストラダーレ」は、マセラティのハイパフォーマンスクーペ「グラントゥーリズモS」の、いわばスペシャルバージョン。「マセラティが取り組むモータースポーツの世界にインスパイアされて生まれた」(プレスリリース)というだけに、その走りはよりホットなものになっている。

具体的には、最高出力が「グラントゥーリズモS」をしのぐ450hpへとアップ。リアシートは撤去されて完全な2シーターとなり、走行時に得られるダウンフォースも増強、最高速度は300km/hの大台を突破(「グラントゥーリズモS」の公称値は295km/h)し、切れ味鋭いハンドリングが特徴であるという。
一方で、ベースモデルに比べて燃費性能や乗り心地が犠牲になっていないというのも、アピールポイントだ。

発売時期は来春、2011年の第一四半期を予定。マセラティのなかで、最も速く、最も軽く、そして最もパワフルなモデルとしてファミリーの一翼を担うことになる。

(webCG 関)

「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」
「マセラティ・グラントゥーリズモMCストラダーレ」
フロントバンパーなどに個性が見られる「MCストラダーレ」。リアのマフラーエンドも独自デザインの2本出しに。
フロントバンパーなどに個性が見られる「MCストラダーレ」。リアのマフラーエンドも独自デザインの2本出しに。

最速・最軽量のマセラティがデビュー【パリサロン2010】の画像

関連キーワード:
グラントゥーリズモマセラティパリモーターショー2010自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フェラーリ) 2017.9.15 画像・写真 最高出力600ps、最大トルク760Nmを誇るフェラーリの新型4シーターオープン「ポルトフィーノ」が、フランクフルトショー2017でいよいよデビュー。「圧倒的高性能と多用途性の完璧なコンビネーションを有するV8 GT」とうたわれるその姿を、写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る