【スペック】全長×全幅×全高=3850×1695×1510mm/ホイールベース=2430mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.0kgm/4800rpm)/価格=147万5250円(テスト車=153万8250円/ディスチャージヘッドランプ=6万3000円)

スズキ・スイフトXS(FF/CVT)【試乗速報】

モア・ヨーロピアン 2010.09.22 試乗記 スズキ・スイフトXS(FF/CVT)
……153万8250円

スズキを代表するコンパクトカー「スイフト」。2010年8月にフルチェンジした新型は、大ヒットとなった先代からどう進化したのか? 上級グレード「XS」を試した。

標準仕様もスポーティ

新型車のプレス試乗会は、夏場だとたいてい箱根で開かれる。"走れる"からだ。だが、それゆえに、箱根の試乗会には落とし穴がある。どんなクルマでも、ついついスポーツカーのように攻めてしまいがちなのだ。「スイフト」も、とくにそういうクルマではない。普通の実用ハッチだからこそ、ウチのヨメさんも先代モデルをまる5年愛用している。走行距離はまだ1万5000kmに届かないが、5年使ってもぜんぜん"ヤレない"のが、国内外で大成功を収めた先代スイフトの脱スズキ的アドバンスだと思う。

話を戻して、フルチェンジした新型スイフト・イン箱根。いつもの悪い癖で最初から飛ばし気味に試乗を始めて、アレっ!?と思った。これ、"スポーツ"だっけ? いや、そんなわけはない。まだスポーツは出ていないゾ。

なんて考え違いを誘発させるほど新型スイフトの第一印象はスポーティだった。いつもより多めにアクセルを踏み込んでも、こっちの予想以上についてくる。エンジンも足まわりも、タダの実用コンパクトハッチとは思えない。試乗車は2WDの「XS」。今回出た1.2リッターシリーズでは最もスポーティなモデルではあるが、タイヤが15インチから16インチになり、ブレーキが多少強化されるくらいで、サスペンションそのものは他と変わらない。パワーユニットは共通だ。

でも、スポーティに感じた最大の要因は、そのパワーユニットにある。1.2リッターエンジンは、パワーもトルクもキャリーオーバーだが、今回あらたにVVT(可変バルブタイミング)機構を排気側にも備えるなどの小改良を受けた。いちばん変わったのはCVTで、従来のアイシン製からJATCO製に切り替わった。効率的な動力伝達のために、副変速機を内蔵したもので、日産が「マーチ」や「ジューク」で採用している。スズキも軽自動車ではすでに使っている。副変速機が付いたら、もう"無段"変速機じゃないじゃん、とツッコミたくなるが、自動で切り替わる2段の減速ギアを備えたこのCVTは、なるほどレスポンスがいい。

フェンダー部まで大きく食い込んだ新形状のヘッドライトにより、表情を変えた新型「スイフト」。
スズキ・スイフトXS(FF/CVT)【試乗速報】
先代と比べボディは若干サイズアップしたものの、FF車では全車が車重1000kgを切るなど、軽量化が図られた。それが、スポーティな運転フィールにも結びついている。
スズキ・スイフトXS(FF/CVT)【試乗速報】
FF・CVT車は、10・15モード燃費で23.0km/リッターをマークする(FF・MT車は21.0km/リッター)。
スズキ・スイフトXS(FF/CVT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
ホームへ戻る