【スペック】全長×全幅×全高=3850×1695×1510mm/ホイールベース=2430mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.0kgm/4800rpm)/価格=147万5250円(テスト車=153万8250円/ディスチャージヘッドランプ=6万3000円)

スズキ・スイフトXS(FF/CVT)【試乗速報】

モア・ヨーロピアン 2010.09.22 試乗記 スズキ・スイフトXS(FF/CVT)
……153万8250円

スズキを代表するコンパクトカー「スイフト」。2010年8月にフルチェンジした新型は、大ヒットとなった先代からどう進化したのか? 上級グレード「XS」を試した。

標準仕様もスポーティ

新型車のプレス試乗会は、夏場だとたいてい箱根で開かれる。"走れる"からだ。だが、それゆえに、箱根の試乗会には落とし穴がある。どんなクルマでも、ついついスポーツカーのように攻めてしまいがちなのだ。「スイフト」も、とくにそういうクルマではない。普通の実用ハッチだからこそ、ウチのヨメさんも先代モデルをまる5年愛用している。走行距離はまだ1万5000kmに届かないが、5年使ってもぜんぜん"ヤレない"のが、国内外で大成功を収めた先代スイフトの脱スズキ的アドバンスだと思う。

話を戻して、フルチェンジした新型スイフト・イン箱根。いつもの悪い癖で最初から飛ばし気味に試乗を始めて、アレっ!?と思った。これ、"スポーツ"だっけ? いや、そんなわけはない。まだスポーツは出ていないゾ。

なんて考え違いを誘発させるほど新型スイフトの第一印象はスポーティだった。いつもより多めにアクセルを踏み込んでも、こっちの予想以上についてくる。エンジンも足まわりも、タダの実用コンパクトハッチとは思えない。試乗車は2WDの「XS」。今回出た1.2リッターシリーズでは最もスポーティなモデルではあるが、タイヤが15インチから16インチになり、ブレーキが多少強化されるくらいで、サスペンションそのものは他と変わらない。パワーユニットは共通だ。

でも、スポーティに感じた最大の要因は、そのパワーユニットにある。1.2リッターエンジンは、パワーもトルクもキャリーオーバーだが、今回あらたにVVT(可変バルブタイミング)機構を排気側にも備えるなどの小改良を受けた。いちばん変わったのはCVTで、従来のアイシン製からJATCO製に切り替わった。効率的な動力伝達のために、副変速機を内蔵したもので、日産が「マーチ」や「ジューク」で採用している。スズキも軽自動車ではすでに使っている。副変速機が付いたら、もう"無段"変速機じゃないじゃん、とツッコミたくなるが、自動で切り替わる2段の減速ギアを備えたこのCVTは、なるほどレスポンスがいい。

フェンダー部まで大きく食い込んだ新形状のヘッドライトにより、表情を変えた新型「スイフト」。
フェンダー部まで大きく食い込んだ新形状のヘッドライトにより、表情を変えた新型「スイフト」。
先代と比べボディは若干サイズアップしたものの、FF車では全車が車重1000kgを切るなど、軽量化が図られた。それが、スポーティな運転フィールにも結びついている。
先代と比べボディは若干サイズアップしたものの、FF車では全車が車重1000kgを切るなど、軽量化が図られた。それが、スポーティな運転フィールにも結びついている。
FF・CVT車は、10・15モード燃費で23.0km/リッターをマークする(FF・MT車は21.0km/リッター)。
FF・CVT車は、10・15モード燃費で23.0km/リッターをマークする(FF・MT車は21.0km/リッター)。
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る