911スピードスター、6台限定で発売【パリサロン2010】

2010.09.21 自動車ニュース

【パリサロン2010】ポルシェ・ジャパン、「911スピードスター」を日本で6台限定販売

ポルシェ・ジャパンは2010年9月21日、世界で356台の限定生産となる「911スピードスター」(997型)の日本導入を発表した。日本国内での販売は限定6台で、10月15日に予約受注が開始される。

低いシルエットが特徴の「911スピードスター」(997型)は、1953年の初代「スピードスター」から4代目のモデル。356台という生産台数は、最初にその名を冠した「356スピードスター」にちなんでいる。同モデルは、9月30日のプレスデイで幕を開けるパリサロンで世界初公開される予定だ。

最大のウリであるスポーティなエクステリアは、従来型より60ミリ低く傾斜の強いフロントウィンドウ、手動ソフトトップのフラットなシルエット、ソフトトップ収納部の“ダブルバブル”型ハードカバーなど、歴代「スピードスター」のスタイルを受け継いだもの。44mmワイド化された「カレラ4」と同サイズのリアも、そのスポーティさをいっそう強調している。

搭載されるのは、総排気量3.8リッターの水平対向6気筒エンジン。先頃発表された「911カレラGTS」と同様、「カレラS」を23ps上回る最高出力408psを発生する。一方、その燃費(NEDCモード)は10.3リッター/100km(9.7km/リッター)を達成。これは(23psパワーの劣る)「カレラSカブリオレ」と同等とアピールされる。トランスミッションは7段PDKが組み合わされ、標準装備のLSDを介してリアタイヤを駆動する。ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)やポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)も標準装備となる。

ボディカラーは、「キャララホワイト」と、スピードスター専用に開発された「ピュアブルー」の2色を用意。専用デザインのフロントエプロンやサイドスカート、リアエプロンなども装備される。

インテリアは、ブラックのスムーズレザー仕上げ。シート中央部のチェッカーボードパターンや、レザーのサイドボルスターなど、スピードスター専用のボディカラーをあしらったさまざまなディテールが用意される。

このスピードスターの開発は、ヴァイザッハの研究開発部門の検証を受けつつポルシェの市販モデルや限定生産モデルのカスタマイズを専門とする自社内部門、「ポルシェ・エクスクルーシブ」の手によるもので、同車は、2011年に25周年を迎える同部門を記念するモデルともなっている。

ハンドル位置は、左のみ。価格は、2969.0万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る