ロータス・エリート、2014年に復活!?【パリサロン2010】

2010.09.21 自動車ニュース

【パリサロン2010】ロータスが新型スポーツ「エリート」を発表

英ロータスは2010年9月20日、新型スポーツカー「エリート」のプロトタイプを、同月30日に開幕するパリサロンに出展すると発表した。

「エリート」は、ロータス・ファンならごぞんじ、過去にも存在した同社の名スポーツカーのネーミングだ。今回パリサロンで“復活”する3代目は、1950〜1960年代に脚光を浴びた初代と同様、スタイリッシュなライトウェイトボディとハイパフォーマンスを併せ持ち、1970年代に生まれた2代目のように、2ドア、2+2シーターとなっている。

今回明らかにされたところでは、ボディのスリーサイズは、全長×全幅×全高=4.6×1.9×1.32m。先にデビューしたミドシップの2+2モデル「エヴォーラ」(全長×全幅×全高=4350×1880×1230mm)に比べて、ひとまわり大きい。
車重は1650kg。620ps、73.4kgmを発生する5リッターV8ユニットをフロントミドにマウントし、後輪を駆動。F1でもおなじみの運動エネルギー回生システム「KERS」の採用もトピックのひとつで、0-100km/h加速が3.5〜3.7秒、最高速度は315km/hという卓越したパフォーマンスを誇る。

「快適で広い居住スペースをもつ究極のスポーツカーであり、スタイリング、パフォーマンスの両面で比類なきクルマ」と、ロータスのダニー・バハーCEOも太鼓判を押す新型「エリート」。
生産開始時期は2014年の初頭で、その春先までには発売される見込み。現地での予価は、17.5%の付加価値税を含めて11万5000ポンド(邦貨にして約1530万円)。リトラクタブルハードトップモデルが用意されることも示唆されている。

(webCG 関)

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • 軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場 2016.8.1 自動車ニュース エルシーアイが「ロータス・エキシージ スポーツ350/エキシージ スポーツ350ロードスター」を発売した。従来の「エキシージS」「エキシージSロードスター」の改良モデルであり、50kgを超える軽量化などにより、動力性能が高められている。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る